東京土建品川支部

東京土建品川支部

7・21 支部学習会に116名が参加

「消費税」と「憲法」を学ぶ

学習制度化委員長 藤本武明

 

午前の部の講師 湖東京至さん

午前の部の講師 湖東京至さん

 支部学習会を7月21日(日)大田区池上会館にて116名の参加者で開催しました。

 支部学習会は私たち建設労働者にとって、仕事と暮らし、身近な問題を学ぶ機会です。初参加の組合員も見かけ、「たたかいながら学ぶ」ことを実践しました。

 午前の部は税理士で静岡大学や関東学院大学で教授を務められました、湖東京至先生をから「消費税の増税は中止できる―消費税は廃止すべき悪税」と題して講演をして頂きました。

 「大手ばかりの優遇」・「赤字でも徴収、輸出企業には還付」、こんな不公平は許さない。大企業は消費税を1円も税務署に納めていないのに、巨額の還付金をもらっている。ホワイトボードに書きながらの説明で分かりやすかったと思います。

午後の部の講師 川村俊夫さん

午後の部の講師 川村俊夫さん

 午後の部は憲法会議(憲法改悪阻止各会連絡会議)の代表幹事の川村俊夫先生に、「憲法改悪をめぐる情勢と私たちの課題」と題して講演をして頂きました。

 参院選後の安部政権と憲法改悪をめぐる動きが早急になる中、日本の憲法が変わらずにきた最大の理由は、国民の自主的な支持が強固だったから、それをあえて変更しなかった国民は賢明である。

 学習を活かして原発、消費税、TPP、オスプレイ配備の問題など、これからの平和運動に活かしていきましょう。

 学習後、参加者から感想文を提出してもらい学習会を終了しました。参加された皆さん、お疲れさまでした。

《主な感想》

 

〔消費税〕

●大企業が賛成しているのを不思議に思っていたが、優遇制度があるという事で納得した。●消費税を上げる度に還付金を輸出企業に戻しているのはけしからん。●とても分かりやすく細かい話の仕方でとても良かった。時間があればもっと詳しく話を聞きたいと思った。●増大する社会保障費をどの様にまかなうのか。消費税を廃止してどの様な財源を求めるのか、という視点が述べられていないのが残念だった。●ボードと資料を使った講演は分かりやすくて良かった。

 

写真

〔憲法〕

●憲法九条は守っていただきたい。●今の政治に皆が関心を高めて「九条を守ろう」の草の根運動の必要性を感じました。●戦前の若人として、とても無量、憲法について勉強になりました。●毎月の「九の日行動」は大切であり、群会議の話題にしよう。●憲法はあまりに難しく、分かりませんでした。●戦争は絶対反対です。

〔全体を通して〕

●消費税と憲法は今一番の話題です。材料の取り上げはとても良かった。●会場の場所が遠かった。

ぶらり品川 その84

品川の駅その8 「東急・武蔵小山駅」

後地分会 石原昭雄

 

 武蔵小山駅は品川区小山3丁目に渋沢栄一が設立した。田園都市の東急目黒線と多摩川線の駅として大正12年小山駅として同13年開業。

 当時は小山駅だったが、同じ駅が他にあったため旧国名の武蔵を付けて武蔵小山となった。

 駅周辺には武蔵小山商店街がある。発足は昭和22年、31年に747mのアーケードを建設。

 昭和60年パルムと改名。武蔵小山は色々な店が集まった町なのだ。

 駅周辺には目黒不動、林試の森、武蔵小山温泉などがあり、人気スポットとなっている。

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.