東京土建品川支部

東京土建品川支部

8・4 後継者対策部主催 バーベキュー大会

品川区民公園に子どもたちの歓声あがる

後継者対策部長 関口浩助

 

大好評の流しそうめん

大好評の流しそうめん

 毎年恒例となった後継者対策部主催のバーベキュー大会を、64名の参加で開催しました。
 8月4日朝から暑い1日になりそうな天気でしたが、会場は森の中なので、少し涼しいのです。今回は、昨年好評だったマイ箸作りに加え、割り箸鉄砲作りを行いました。また、好評だった流しそうめんも昨年と一味違ったフルーツ流しもやりました。
 回を重ねるごとに手際が良くなりつつも、もう少し工夫をすれば良かったところもありました。今回は釜が3つだったので、足りるか心配もしました。ヤキソバもセミプロ級、肉を焼く人も手際よく、鹿肉の差し入れもいただき、美味しい肉を食べました。
 子どもにはカキ氷が好評で「カキ氷が美味しかった」、「そこそこ、打て!」とスイカ割りでは大きな歓声があがり今年も大成功でした。

気合の一刀! 色々な食材でバーベキューを楽しむ

気合の一刀!     色々な食材でバーベキューを楽しむ


いっぷく

「雁」にひかれて

中延分会 関島幸吉

 

 数年前の秋晴れとは言えない或る日曜日、上野の無縁坂や大観記念館へ散歩に出かけた。
 本郷、上野界隈は歴史的にも文学的にも大変興味のある所で今度で3回程になろうか、その度になんとなく懐かしい感じがする不思議なところである。
 3代将軍「家光」の乳母・春日の局の墓所、鱗詳院を通り、クランク状の道をたどれば「無縁坂」の上に出る。右側には旧岩崎弥太郎邸の塀に雑草が長く繁り半分ほど覆っている。
 何やら動くものに気がついて見ると、何と1m20cm(約4尺)もあろうかと思われる蛇・たぶん青大将が滑るように這っているのに気がついた。
 森鴎外の小説「雁」にひかれて今日の散歩に来た私は喜んだ。まさかここで蛇を見るとは意外だった。そこへ上がってきた中年のご夫婦に「蛇がいますよ」と声をかけたところ奥さんが「本当だ、岡田君を呼んでくるといいわね」と言ったのは嬉しかった。
 この人も「雁」を読んでいるのだと思った。「あの辺りがお玉さんの家でしょうか」と指をさした。「たぶんそうでしょうね」と感慨深そうに見ておられた。
 人の世は「一期一会」。一礼してお別れした私は「ひぐらし」を聞きながら次の目的地、「大観記念館」へと下っていった。

 

分会行事報告

8・3 旗中分会「東京湾納涼船」

旗中分会 内田敏男

 

親睦深めた納涼船

親睦深めた納涼船

 8月3日(土)旗中分会主催イベントで東京湾納涼船に総勢26名の参加で開催しました。
 竹芝桟橋からいつもは伊豆七島に出港している大型客船「さるびあ丸」なので迫力は満点です。
 船内では生ビール、サワー、ワインが飲み放題で食べ物の屋台も出ているので最高です。
 出発してから10分程でレインボーブリッジの真横で船上全員での乾杯。お台場の観覧車、大井コンテナ埠頭のオレンジに光るクレーン、羽田空港に着陸する飛行機、東京ゲートブリッジを正面に見ながら真横に上がる江戸川の花火大会と少し右方向では横須賀の花火大会。普段はなかなか見ることのできない船上からの東京湾の夜景を楽しむことができました。
 分会行事は随分長いこと行っていなかったので親睦も深まって皆さんから大好評だったのでこれからも何か楽しいイベントを企画したいと思います。

 

ぶらり品川 その85

品川の駅その9 「京急・新馬場駅」

品川分会長 髙橋宏

 

 京浜急行は1899年、六郷橋~大師間が開通したのを出発点として、1904年には北品川を始発駅として整備された。始発駅はその後、高輪駅に移ったが1933年に高輪駅を廃駅にして品川駅に乗り入れることになった。
 新馬場駅はその前身の北馬場駅と南馬場駅が北品川駅と同時に開通したが、両駅の間は300mと短かったため、1976年、両駅を合併し中間に新馬場駅を作った。しかし駅の入り口は変えなかったので、新馬場駅はプロムナードのとても長い駅となった。ところで、何故馬場という名がついているかは江戸時代に由来する。
 良く知られているように品川宿は東海道の最初の宿場として、本陣(現在の聖跡公園)を中心とし、目黒川を挟んで北は北品川、南は南品川の両本宿があり、それぞれが百人の人足と百頭の馬を常備していた。そのために馬場という名がついたのである。
 そして両宿は北は品川神社を南は荏原神社を鎮守としたのであった。ところが荏原神社は現在北品川2丁目に存し、目黒川の北側である。
 これは、1928年に目黒川の流路変更工事が行われたためである。これまで荏原神社の北側を流れていた目黒川が南側に移され、更に住居表示は目黒川を境に区分されたので、荏原神社は北品川に組み入れられることとなった。(つづく)

 

青年技能競技大会

大井分会 梅谷さんが2年連続銅賞

 

拡大出陣式で分会・支部からも表彰

拡大出陣式で分会・支部からも表彰

 8月4日(日)、東京都連第27回青年技能競技大会が開催されました。
 品川支部からは大井分会の梅谷佳成さんが昨年に引き続き出場しました。競技大会では課題の「四方転び踏み台」を作り上げ、結果は「銅賞(東京都職業能力開発協会長賞)」を受賞。2年続けての快挙となりました。
 8月28日の拡大出陣式では、分会・支部からの表彰もあり、9月22日~24日に山形で行われる、全建総連第29回全国青年技能競技大会への決意を語ってもらいました。

見事銅賞の梅谷さん(中央左)

見事銅賞の梅谷さん(中央左)

 

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.