東京土建品川支部

東京土建品川支部

10・27
第31回 品川区住宅まつり 於 西大井広場公園

台風一過の青空のもと 多くの来場者でにぎわう

仕事対策部長 岩﨑 一宇美

 10月27日の日曜日に、西大井広場公園で品川区はじめ各協賛団体の協力の下で品川区住宅まつりが盛大に行われました。
 昨年の30回目の雨模様の時とは大違いで、アベック台風で前日まで心配していた天気が、当日は台風一過の青空になり、会場の設営は気持ちよく整い、開場時間が待ちきれず、三々五々近隣の方々が集まりはじめ、早々と包丁研ぎの受付前には長い列ができてきました。
 今年のミニ建前の実演は、東京土建品川支部の担当で、施工するため1週間前から下ごしらえと刻みで揃えた材料を持ち込み、午前中の先行足場の組み立てとを交え、青空を背景に組み上がった棟木の幣御子と破魔矢に五色の吹き流しを取り付け、紅白の晒布で飾りつけて、午後の餅まきのイベントに備えました。
 広場のテントの下では、豪華賞品が当たるスタンプカードを手に持って、来場者の方々が会場を回る頃には、各コーナーでは心からの奉仕に汗をかいています。
 東京土建の模擬店では呼び込みに熱が入り、テーブルではお客さんがおいしいおいしいと舌鼓を打っています。包丁研ぎでは4組合の参加者がテントの下で一堂に会して、事故もなく、誠心誠意包丁を研ぎ、来場者から感謝をされていました。
品川副区長を迎えた恒例の餅まきをする時は、大勢の老若男女が集まりお祝い行事を楽しまれました。結果報告は包丁研ぎ390人・677本、丸太切り・釘打ち100人、模擬店売上げ210,160円でした。
 前日からの仕込みと当日の早朝からの資材・機材の積み込み・搬入設営、そして終了後の積み込みと搬出・支部・レンタル倉庫への片付け等へのご協力に大勢のご協力を切に感謝を申し上げます。ありがとうございました。

ミニ建前は東京土建が担当
ミニ建前は東京土建が担当
包丁研ぎに汗を流す
包丁研ぎに汗を流す

 

いっぷく

今と昔の子どもの遊び

旗中分会 宮地 政幸

 今の子供は恵まれていると思うのです。物が多くなって遊び道具もお金を出せば買うことが出来るのです。
 昔は自分で作って遊んだものです。今は家の中では、色々なゲームが出来るのです。
私の孫も幼稚園の子供ですが、4歳になる孫はずっと家の中でゲームをやっています。5歳の子は一輪車とかローラースケートをやって遊んでいるのです。
 そういうような物を親が買って与えているのです。私たちが子供の頃はおもちゃ等は簡単に買ってもらえませんでした。昔は鼻をたらして外で遊んでいたものです。
 「時代が違うから」と言えばそうかもしれません。この間テレビで見たのですが色々出来るロボットが出て来たと言っていましたが、そのうちロボットと遊ぶようになると思うとこわくなってきます。

 

分会行事報告
豊越分会バスハイク

楽しい思い出に

豊越分会 髙田慎之

 10月20日(日)、豊越分会バスハイクに初めて参加させていただきました。
 この日は、台風27号の影響もあり、朝から雨がジトジト。1番の目的であるスカイツリー見学が危ぶまれる出発となりました。当初予定されていた「向島百花園」も雨のため中止。
 急遽、「ゴールデンゲートブリッジ」を渡り、「江戸東京博物館」見学後、「浅草館」で昼食。外はますます雨風が強まり、スカイツリー見学が出来るか否か不安は募る一方でした。
 それでも、現地へ行かないと分からないとの事でしたが、「予約済団体様のみ」見学可能で一安心。
 450mの上空は見渡す限り真白い雲。時折見える下界の地に足がすくむやら、ビックリするやで夫婦楽しい思い出となりました。
 行程を考え楽しませて下さった関係者の方々に深くお礼申しあげます。

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.