東京土建品川支部

東京土建品川支部

お父さんたちと一緒に幾多の困難を乗り越え

祝・品川支部主婦の会50周年特集

主婦の会会長  大橋 さと子

 昨年の11月22日(土)、「いい夫婦の日」に品川支部主婦の会設立50周年記念式典を、蒲田のホテル「プラザ・アペア」にて、総勢86名の参加で開催しました。
 当日は、お忙しい中、ご来賓の皆様に、暖かいご祝辞を頂きました。
 結成当時の資料はあまりありませんが、品川支部の主婦の会の発足は、伊藤キノさんはじめ、7名の方々が、今後の主婦の会について話し合い、発足に至りました。
 発足後も、紆余曲折、時代が流れる中で、諸先輩方々の並ならぬご努力のおかげとご活躍により、今日に至っております。まさに歴史を感じております。
 良き日を迎えるために、昨年は「実増」を合言葉に、「会話でつながろう」「顔の見える拡大を」を取り組み、1月現勢を回復することができました。
 これも組合員の皆様はじめ、会員の皆様ご協力の賜物です。本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
 東海道新幹線も50周年を迎え、東京オリンピックから50年が経ち、5年後には再び、東京で開催されます。
 主婦の会もますます発展していきますよう、これからも諸先輩方や、会員さんのご意見に耳を傾け、「明るく、楽しく、元気良く、そして美しく」もモットーに、次の世代に引き継ぎたいと思っておりますので、ご指導・ご協力をお願い申し上げます。

 

祝・ぶらり品川100号記念特集

 「ぶらり品川」が「100号」に到達しました。2005年9月1日より「ぶらり品川」と題して品川という地域に目を向けた記事を連載して行く事を教宣部会で決めました。
 第1号は「旧東海道を歩く」をテーマに大井分会教宣部有志によるリレー記事から始まりました。大井分会教宣部長の大橋さと子(現主婦の会会長)さんの、旧東海道を歩くは「品川宿」からでした。当時は鈴木昭義執行委員長で、その時の担当書記は本部教宣部で活躍されている伊藤暁さんでした。
 2006年8月1日第10号は「私の町の商店街(その3)中延商店街スキップロード」。旗中分会教宣部長須藤節子さんの「商店街を歩いて」の4回シリーズでした。語り継ぐ戦争体験記「私の手を包む先生の大きな手」の中延分会関島幸吉さん、「苦しかったラバウルの日々」後地分会池田三郎さん、「戦争が終って本当に良かった」豊分会芳賀勝吉さん、8月15日の空に誓った不戦の決意でした。
 2007年9月1日第20号「品川用水にロマンを求めて(その4)」大井分会教宣部長藤本武明さん(現教育宣伝部長)は、現在の武蔵野市の玉川上水から分水した取水口まで写真を撮りに行きました。5回のシリーズでした。「原爆の悲劇を風化させるな」社会保障対策部長渡辺誠さん(現品川支部書記長)、「被爆の惨状を体験」税金対策部長竹田宏さん、原水爆禁止2007世界大会長崎に参加記事。
 2008年8月1日第30号「品川の坂その2」「行人坂」と「権之助坂」は五反田教宣部長菅原正樹さん、第40号も「品川坂その12」「八幡坂」で中延分会関島幸吉さん18回(1年半)は「ぶらり品川」で1番の長期連載で人と坂とのつながりが良く分かりました。
 2010年5月1日第50号「ぶらり戸越公園へ」は、豊分会教宣部長関口浩助さん(現財政部部長)、子供を連れて遊びに行き、椎の実を拾った事を思いだしました。4月17日(土)に南部労政会館において、第53回定期大会開催「くらしを守るため団結して闘おう」河崎榮執行委員長でした。
 2011年3月1日第58号「レモン哀歌」南品川分会細谷カツ子さん、高村光太郎の奥さん智恵子の「そんなにもあなたはレモンを待っていた」その碑にはレモンがいつもお供えしてます。2月13日(日)本部囲碁大会で品川支部が団体優勝し将棋大会に続き二冠を達成しました。
 2012年第70号「中延ねぶた祭り」豊分会富彌良則さんで写真は「ねぶた写真コテスト」で金賞を受賞した。踊り子さんが飛び出てくるような躍動感あふれる写真でした。
 2013年6月1日第82号「品川駅その6」「東急旗の台駅・荏原町駅」旗中分会教宣部長宮地政幸さん、2014年2月1日第90号「品川駅その12」「JR横須賀線西大井駅」二葉分会教宣部長吉田ミサ子さん、13回連載で駅シリーズが完了した。3駅や1駅の分会がありましたが、駅には賑わいや温かさが溢れていました。
 2014年12月1日第100号、小山分会教宣部長細谷はな子さんは「金山地蔵」を取材、地域の人に親しれた「うちのお地蔵様」で100号を達成しました。
 「ぶらり品川」は教宣部員が現地を取材し、記事にします。「ぶらり品川」は「建設なんぶ」の目玉連載です。教宣部員全員、皆さんに品川地域の情報を広め、共有すべく、「第200号」めざし、長期連載できるよう頑張りますので、ご愛読宜しくお願い申し上げます。

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.