東京土建品川支部

東京土建品川支部

3.8NONUKESDAY

~すくえ福島・なくせ原発・全体で2万3千人が参加~

後地分会 佐布繁男

 3月8日(日)日比谷野外音楽堂にて、「NONUKESDAY」に参加しました。前夜の雨も止み、品川支部からは8名が参加しました。
 日比谷公園に着くと、公会堂で行われていた専門学校の卒業式やほかのイベントと重なり、多くの人で賑わっていました。
 集会後、公園内はデモ隊であふれ、5列縦隊で出発しました。
 品川支部の後ろにいた調布支部のシュプレヒコールがうまく、「原発なくせ」「福島救え」と、私たちも負けずに声を張り上げ、デモが終了しました。
 参加された皆さんお疲れ様でした。

 

3.21第12回シニア品川総会

シニア品川会長 吉田 吉末

◆アスベスト被害学ぶ◆
 第12回シニア品川の総会を3月21日に、中小企業センターで64名の参加で開催しました。
 初めの健康教室では、本部労働対策部担当の、高見書記をお迎えして、「私たちの健康とアスベスト」に対する講演をしていただきました。
 アスベストによる健康被害は、「戦後最大の職業病」と言われ、その被害は、の本では建設業に集中しています。
 もし体に異変を感じたら、すぐに専門医にかかることが必要です。
 総会では、会計報告と、資料説明があり、新役員の改選がありました。終了後、記念撮影を行い、懇親会となりました。
美味しいお酒で乾杯し仲間と懇親を深めました。最後に新副会長の重盛さんの手締めで閉会となりました。
新役員
会長    吉田 吉末
副会長   上脇 康雄・吉岡 秀一・重盛 富子
事務局長  関島 幸吉
副会長待遇 藤原 忠雄

写真

64名参加したシニア品川総会

 

3.14第51回主婦の会総会

多くの会員の参加めざす

 第51回主婦の会総会が、3月14日(土)、中小企業センターにおいて、60名で開催しました。
 昨年の経過報告では、「50周年式典」をはじめ、「春・秋の拡大行動」、「平和学習会&ミニハイク」、「料理・手芸教室」等、1年間の活動報告がありました。
 新年度は、多くの会員の方が参加できる取り組みを視野に入れ、「若返りをはかり」、「明るく」「楽しく」「元気よく」そして「美しく」活動を行っていきたいと思いますので、ご協力をお願いします。

写真

主婦の会新役員の皆さん

 

いっぷく

多死時代を生きる

豊越分会 好井政人

 先日NHKのニュースで、現代は「多死時代である」という内容の話がありました。
 そう言えば、私たちの住んでいる町会の100所帯位のグループで、昨年8人の方が亡くなっています。
 このことは偶然と言えるかもしれませんが、戦前・戦後の混乱期に、食べる物に事欠き、カボチャやイモの葉っぱ、道端に生えている草さえ食べて飢えを凌ぎ、どこへ行くにも歩き、息切らす内に、自然に耐える力を身に着け、その忍耐力で日本の復興に尽力された方々が、その使命を全うし、今まさに旅立たれているのではと思われます。
 一方、復興の恩恵とともに、欧米の食文化が主流になり、日本人の食の基本としていた、自然食が影を潜め、工場生産の大量食品がその首座を占め、古来の食から得ていた、栄養素とは異なる物が体内に取り込まれ、かつては無かった病が多発し、「多死時代」の一端をなしているのではないでしょうか。
 グローバル時代と言われる現代、全ての物に様々な物資が混入されているのは仕方がないのかもしれませんが、かつては、飢えに、我慢を強いられ、フウフウ歩いてた私たちの年代にとって、現代はその反動で大量食品を食べ過ぎてフウフウ言っています。

 今いかなる自己抑制をもってこの時代を生き抜くかは自分自身の責任によるものだと日常の生活に反省をしています。

 

 

ぶらり品川~その103~

品川の神社・地蔵・道標

二葉分会 吉田ミサ子

 我が家の近くに「上神明天祖神社」があります。神社の歴史は、692年になります。
 その昔、この地域に蛇が多く生息し、鎌倉時代に神社が白蛇を奉っていたなど諸説あり、近くの二葉・豊町・戸越・西大井の一部は「蛇窪村」と呼ばれていました。
 荏原郡が東京市に編入された際に、この地名は消滅してしまいました。
 干支が[巳]だった一昨年、神社の敷地内にある、白蛇のほこらがご利益スポットとして、テレビや新聞などで紹介され、正月だけで例年の10倍となる10万人以上の参拝客が訪れ、観光バスで団体客が来るほど人気ぶりだったとのことです。
 テレビ朝日、「若大将のゆうゆう散歩」(3月10日放送)の撮影で、加山雄三さんが当神社へ参拝されるなど、次の巳年となる2025年までには、地域全体「蛇の街」として盛り上げていく勢いです。

写真

写真

写真

写真

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.