東京土建品川支部

東京土建品川支部

秋の住宅デー2015

毎年恒例 地域に貢献

盛りだくさんの催しに家族の笑い声響く

仕事対策副部長 村松 雄三

 11月8日(日)、支部会館前と向いの駐車場、防災広場公園において支部秋の住宅デーを開催しました。
 当日はあいにく終日の雨模様となってしまいましたが、雨除けのテントを張り上げ、参加者全員の力で準備万端に整え、無事スタートしました。
 お客さんの中には、開場前から待機されている方もおられ、悪天候の中でも約100名の来場者がありました。
 公園では、包丁研ぎとまな板削りで、研ぎ手の皆さんは忙しく、傍らでは木工細工とモザイクタイルの出来栄えに親子連れの楽しそうな声がはじけていました。丸太切りトライアルでは「我こそは一位のお米を」とのこぎりの音が聞こえてきます。
 八丈島の物産や産直野菜は、地域の主婦を中心に好評を得ました。 模擬店では、焼きそば、フランクフルトに温かいせんべい汁が人気でした。
 今年も地域の方々に催し物を通して、地域職人・工務店の存在をアピールし、私たちの職域を確保する有意義な催しとすることができました。

 

写真

どんな模様にする?

写真

意外と力がいるんです

 

いっぷく

花に心癒やされる

二葉分会 今野 勝代

 先日、二葉分会の人たちと池上本門寺に菊の盆栽を見てまいりました。二葉分会の小海さんのご主人、小海政夫さんが育てたすばらしい盆栽が展示されていました。この度も読売新聞賞を受賞されたそうです。
 四、五年前にも、つつじの盆栽を家に見せてもらいに行きました。これまでにも大臣賞などいろいろ賞をもらっておられます。花は本当に人の心を和ましてくれる優しい命をもっております。
 また、菊の花は日本の誇りです。私はそう思っております。凛として命のとうとさを表しているような花、その花を慈しみ、大事に育ててくれている小海さんのご主人には感謝でいっぱいです。
 そしてお昼には皆さんと食事をし、楽しいひと時を過ごしてまいりました。

 

11・15

記帳学習会

会計ソフトも活用

税金対策部長 渡邊 誠

 平成26年1月より、所得300万円以下の白色申告者にも「記帳義務・帳簿等の保管」が始まり、昨年と同様に記帳学習会を11月15日(日)支部会館にて13名の参加者で開催しました。
 午前中は簡単な会計知識や企業会計原則の説明を受け、複式簿記の記帳演習問題を現金・預金出納帳や売掛帳・買掛帳、経費帳に記入し、日付ごとに簡易帳簿への転記を行いました。ひっかけ問題などもあり、「どの勘定科目になるのか」との質問をしつつ問題を解いていました。午後からは、「弥生会計」を用い、参加者から数名の方が実際に振替伝票の入力を体験しました。1年に1度の記帳学習会になりますが、税金対策にも役に立つと思いますのでたくさんの組合員さんの参加をお願いします。

 

受講者の声

二葉分会 久田 冨士美

 

 勘定科目の「事業主貸」「売掛金」の使い方、現金と預金の出納長の記入の仕方等、具体的でわかりやすく大変勉強になりました。午後から「弥生会計」を使って記帳演習しました。我が家は主人に10年前早期がんが発見され、3年間くらい入退院を繰り返しました。それ以来自己申告しています。組合加入してから毎年受講して大変助かっています。
 昨年乳井書記より会計ソフトの紹介を受け、興味を持ちました。今回息子にパソコン会計の記帳をすすめたくて一緒に参加しました。近い将来息子と一緒にパソコン会計に挑戦したいと思います。
 ありがとうございました。

 

写真

学習会のようす

 

ぶらり品川 その(111)

品川の神社・地蔵・道標

旗ヶ岡子育地蔵尊

旗中分会 宮地 智恵子

 今回初めに行ったのは旗ヶ岡子育地蔵尊でした。旗ヶ岡地蔵尊は昭和3年地域住民が電車事故に巻き込まれないように子育地蔵を祀ることとなったそうです。かつて高台に源氏の白旗を立て大いに武威を誇ったことからこの地は旗の台と呼ばれました。昭和26年に駅は移転されましたが、大いちょうと子育て地蔵が残ったそうです。
 次に行ったのが、旗岡八幡神社です。旗岡八幡神社は、長元3(1030)年、平忠常の乱を平定すべく朝命を奉じ甲斐守源頼信公が下総へ赴く際、この地に宿営し、霊威を感得して源氏の氏神たる八幡大神を奉斉し、選書を祈願したのが発祥とされています。初営詣、家内安全、棟上祭、交通安全、竣工祭、厄除け、神棚祭等の祈願を行っています。
 あと懐かしいので、昭和大学附属病院へ30数年ぶりに行ってきました。昭和大学附属病院は二人の子供を産んだ病院です。37年前に結婚して住んだのが旗の台でした。2年か3年ぐらいしか住んでいませんでしたが、今回時間をかけて旗の台を歩いてきたのでいろいろと思い出すことが多かったです。

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.