東京土建品川支部

東京土建品川支部

6・28 賃金引き上げ・生活危機突破

予算要求中央総決起大会

 6月28日(火)、全建総連主催「全都建設労働者対都要請行動」・「賃金・単価引き上げ、予算要求中央総決起大会」が開催されました。
 賃金・単価引き上げや法定福利費を現場の労働者一人一人にいきわたらせること、そして建設国保の現行補助水準の確保をはじめとした、建設労働者・職人の仕事と暮らしを支え、希望ある建設産業に変えていく諸施策の実行を要請し、団結を固めました。

 

17年度 国保予算獲得のたたかい始まる

 

一人ひとりの取り組みが成果に
社会保障対策部長
小林紀久夫

 6月28日(火)朝、都庁第2庁舎前に所狭しと仲間が集まり、財務局や福祉保健局等の各局、都議会各政党会派に向けた対都要請行動が行われました。今回も「2017年度東京都予算要求、仕事と就労確保、諸要求実現、生活危機突破、建設国保組合への現行水準予算確保!」を掲げ、多くの仲間に見送られ、各局政党要請交渉団が出発し、私も福祉保健局交渉団に入り、交渉に向かいました。

 

健康診断の取り組み強化も訴え
 交渉では、中村社保対部長から、賃金が上がらない中、高騰する医療費、薬剤費への補助やアスベスト関連疾患への補助金の重要性、早期発見、早期治療にかかわる対策(がん対策含め)の重要性などを訴え、建設国保への現行水準予算を求めました。東京都からは『「命の綱」である建設国保への現行水準予算に理解をしている。がん対策は国の動向を注視していく』との回答を頂きました。

 

デモ行進で周囲にアピール
 午後からは日比谷公園に会場を移し、なかなか止まない雨の中、全国から4001名の仲間が集結し、予算要求中央総決起大会を行いました。私たちの賃金単価を引き上げ、法定福利費をいきわたらせること、建設国保への補助金の現行水準確保、建設産業の人材育成への理解と予算確保を掲げて団結し、最後にデモ行進をして、終わりました。デモ終盤には、沿道からデモに飛び入り参加した方もいらっしゃいました。要請行動、中央総決起大会に参加の皆様、ご苦労様でした。
 最後になりますが、間もなく夏本番に入ります。健康診断、ハガキ要請、就業実態調査と取り組みが続きますが、水分と休憩を取り、夏に挑みましょう。

写真

4千名を超える仲間が団結

写真

沿道にアピールしながらデモ行進

『就業実態調査』必ずご提出下さい。

 2016年度、東京土建国保では、土建国保に「外注・手間請け」区分で加入している仲間の就業実態調査を行っています。
 品川支部では約700名の組合員さんが該当しています。まだご提出されていない方は、今すぐご対応をお願いします。
 国からの指示により行う就業実態調査は、建設国保の加入資格である「建設業に従事しているか」の確認をするもので、対象者の方は必ず確認書類のご提出が必要です。
 確認書類の提出がない場合は、来年度(平成29年度)の保険証を交付することができませんので、ご理解ください。
 対象の方には封書でお知らせしています。「どうすればよいかわからない」という方も、そのままにせず、分会役員または組合事務所にご相談ください。

 

建前

教宣部長 藤本武明

◆我が家の玄関前のコンクリートの割れ目に「雑草」が芽を出した◆女房が抜かないでね◆「雑草魂」が平成の世に通用するのか、踏まれても踏まれても芽を出し起き上がる◆「雑草」に花が咲いた。名も知らぬ草であるが、花が終わると「雑草」は抜かれる事になるだろう◆上原浩治投手の所属するレッドソックスが、07年以来6年ぶり8度目の世界一に輝き、上原投手の背番号「19」が踊った◆彼は大阪の中堅レベルの私立高校の控えのピッチャーで全国も未経験、高校時代、体育教師になるため進学を目指したが、結果は不合格◆1年間の浪人生活を決意、予備校に通い問題集と格闘し、家計への負担を減らすために、夜間工事のアルバイトもこなした◆浪人生活の1年間が彼の基礎であり、土木作業で足腰を鍛え、精神的にも強固な自分なりの考えを持つことになる人生の要所であった◆彼は19歳のその年を生涯胸に刻み込むために、プロ野球選手になっても背番号「19」を背負った◆地道に這い上がってきた、ヒーローの心意気を「雑草魂」とたたえた。

 

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.