東京土建品川支部

東京土建品川支部

秋の拡大月間スタート 仲間づくり、組織づくり 活気ある 建設業を目指して

社保未加入は事前に支部へ相談を 支部60周年に向けた基盤づくりを

組織対策部長 関口 浩助

 8月30日、台風も逸れて、支部拡大活動者会議・拡大出陣式が行われ、多数の参加と意思統一をもって無事終了しました。
 今年の秋の拡大は、「仲間を増やし、仲間とつながり、人づくり、組織づくりを進めよう」をスローガンに秋の拡大を成功させるため、本部から熊切常任中執を講師に迎え、「仲間づくり、組織づくり」について短い時間でわかりやすいお話をしていただきました。
 例年どおりの拡大では発展もなく、時間だけが過ぎていきます。今年は目先を変えての拡大をしていかなくては、マンネリ化したままで終わってしまいます。
 春の拡大では、目標を達成することはできませんでしたが、豊越・品川・豊・中延・支部分会の5分会が目標を達成し、59名の新しい仲間を迎えることができました。品川支部は毎月1名拡大を合言葉にして、月間だから拡大をするより、こつこつ積み上げた拡大運動での成果が年間実増につながってきました。
 今年は、社保未加入問題で組合を脱退した仲間もいました。脱退する前にひとこと組合に相談してくれればと思いました。
 仲間の力で、仲間を増やす取り組みを行う拡大月間です。組合員訪問行動を通じて、仲間と会うことで長年の課題となっている人づくり、組織づくりにつなげていきたいと思っています。
 品川支部も来年は60周年を迎えます。諸先輩方が築きあげてきたものを若い組合員につなげていき、品川支部をさらに発展させていくため、強固な基盤づくりが求められています。

写真

講義のようす

写真

団結ガンバロー

 

9・3 主婦の会拡大決起集会開催

 9月3日、支部会館にて、48名の参加で開催されました。拡大目標達成をめざし、意思統一を行いました。
 まだ主婦の会に加入されていない女性のご家族は、この機会にぜひご加入ください。

写真

主婦の会も会員募集中です

 

拡大行動日

 第2次 9月20・21(火・水)
 第3次 9月27・28(火・水)
八丈島拡大統一行動日
     10月1・2(土・日)
 第4次 10月11・12(火・水)
 第5次 10月18・19(火・水)
 第6次 10月25・26(火・水)

 上記の行動日には各分会の拡大センターにお出かけ下さい。
仲間の顔と情報が分会に元気をうみます。

 

8・25 支部共済研修会

どけん共済のメリット知って

厚生文化部長 小林 勇

 8月25日に中小企業センターで、支部共済研修会が開催されました。
 はじめにがん保険の説明がありました。私もがんの治療中で、たまたま家内ががん保険に加入していて、本当に助かりました。
 次にどけん自動車共済の説明があり、私の意見ですが、民間の損保会社のCMがうますぎて、どけん自動車共済のメリットが伝わっていないように思います。もっと上手にPRできれば違うと思うのですが。
 休憩をはさんで、どけん共済会の碇谷書記から「中間の助け合い、組織強化につながる共済制度を多くの仲間に知らせ、広めよう」と題して講演がありました。9月からどけん地震共済が開始されますが、大事なことは、どけん火災共済に加入していないと入れないということです。
 どの共済をみても、民間損保のような営利目的ではないどけん共済の方が、メリットがたくさんあります。他の組合員や家族の方に周知して頂ければ幸いと思います。よろしくお願い致します。

写真

説明のようす

 

建前

教宣部長 藤本武明

◆2016年4月5日、「世界でいちばん貧しい大統領」と呼ばれたウルグアイ大統領ホセ・ムヒカ氏が初来日し講演「私は貧乏ではない、質素なだけです」◆大統領として活躍した時期は2010年3月1日から5年。大統領官邸に住むことを拒み、大統領になる前も現在も住んでいる家は小さな平屋で部屋は3つだけ、水道も通っていない、愛犬は足3本しかないメスの雑種犬、足は事故で失った◆「貧乏な人とは、少ししか物を持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人の事だ」◆大統領の給料は29万ウルグアイペソ、日本円で131万円、その90%を慈善事業に寄付している◆日本政府が憲法解釈を変更、他国を武力で守ることを可能にした安全保障関連法ついて、「憲法解釈を変えたのは大きな過ち」と批判した◆舛添前都知事、正月の家族旅行が会議費、美術品の代金も資料代も◆チョー、セコー・イー

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.