東京土建品川支部

東京土建品川支部

3年ぶり支部目標達成

89名の新しい仲間を迎えました

組織部長 関口 浩助

 春一番拡大に続いて、春の拡大月間、大変ご苦労様でした。おかげさまで89名の新しい仲間が増えました。月間拡大目標とした支部目標77名を3年ぶりに達成しました。今回の拡大月間の特徴は、社会保険未加入問題で、外注、手間請けとなっていた人たちの正社員化を含む社会保険適用による加入が大半を占めたところでした。
 西品川、大井、五反田、南品川、豊、中延、支部と七分会が月間目標を達成したことは、各分会毎月一名の拡大を合言葉に進めてきたことが花を咲かせたのではないかと思います。
 また、二葉分会が、年間目標を達成したことも大変すごいことです。本部では春の拡大は第一ラウンドで6月から10月を第二ラウンドと位置付けています。品川支部では、変わらず「毎月各分会一名」を合言葉に6年連続年間実増に向けて、取り組んでいきましょう。
 そして、新しく加入した組合員さんには分会から組合のいろいろなことをお知らせして下さい。毎月末開催の組合・組合業務説明会のご利用もお待ちしています。
 引き続き、皆さんのご協力を宜しくお願いします。

写真

すごい!!10名も仲間が増えた(西品川)

写真

こつこつ達成!!(中延)

写真

最後までやりきった(大井)

写真

2ケタ拡大で年間目標も見えた(南品川)

写真

やった!超過達成(豊)

写真

 

「町の建設救援隊」

発足式を開催

 5月26日(金)、荏原第五区民センターにて、昨年品川区と建設四組合合同で締結した災害時協定に基づく団体「町の建設救援隊(通称:町建)」の発足会が行われ、東京土建から47名、全体で97名が出席し、盛会となりました。
 来賓として、全建総連東京都連の伊藤委員長をはじめ、都議会警察消防委員長の田中豪都議、品川区防災課長、品川消防署長より、発足のお祝いのことばとともに、地域を守る連帯の意が示されました。
 基調報告では、災害時協定の意義を改めて確認し、「町の建設救援隊」としての今後の活動計画が発表されました。また、東京土建墨田支部より自主防災組織ハンマーズの活動について講演して頂きました。ハンマーズの地域に根差したさまざまな活動とともに、被災者の言葉や経験から得た防災意識の持ち方・行動指針を教わりました。
 現在、町建では、随時メンバーを募集しています。品川区在住、在職の組合員さんはぜひご参加をお願いします。

写真

力を合わせて頑張っていこう

 

第88回中央メーデー 5・1

働くものの団結で 生活と権利を守ろう

旗中分会 内田 敏男 

 5月1日(月)第88回中央メーデーが代々木公園で開催され、参加しました。
 品川支部からは80名の組合員と家族の皆さんが参加しました。
 今年はメーデー実行委員会を何度も開催して意見を出し合い、制作日も前回より増やして、デコレーション制作に参加し、放射能の象徴であるゴジラの足と尻尾を制作しました。
 デモ行進では、朝は気持ちの良い青空の天気でしたが、ゴジラのテーマ曲に合わせたように雲行きが怪しくなり、スタートする頃にはゲリラ豪雨になり、近くのNHKにも落雷した稲光がみえました。「原発から自然エネルギーへ!!」のタオルでアピールすると小雨になり、途中でやみました。
 皆さんと協力した成果で出し物コンクールは優秀賞を頂きました。
 悪天候の中でのメーデー実行委員、参加者の皆さん、お疲れ様でした。

写真
写真

 

建前

大井分会 小林 勇

  家にラッキーという雌猫がいます。私にべったりですが、家内が「どうしてこんなお父さんがいいのかねえ」私が「動物の方が本物がわかるんだよ」家内と娘は顔を見合わせて「……」◆そのラッキーの体調がおかしいので診てもらいました。診察後の話は意外でした。血液の癌です。余命は三か月。「ずっと病院食でしたから、おいしい物を食べさせてください。」とのこと。「私も癌です」と告げると、「ペットが飼い主と同じ病気になり、その病を持っていってくれる、そういうことがよくあります」と。私も胃癌を宣告され、「リンパ節に転移しているので手術は出来ない。ステージ4で完治はありません」と言われ、一時は覚悟をしました◆皆さん、健康診断をぜひ受けてください。私の様になっては本人も家族もたいへんです。費用はかかりますが、オプションで胃カメラ、大腸の内視鏡検査もお勧めです◆輪廻転生。ラッキー、今度はもっともっと良い所に生まれてこいよ!

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.