東京土建品川支部

東京土建品川支部

6月4日・11日 第40回 住宅デー特集

節目の年に新たな取り組みが好評

ミニ建前や起震車体験 子ども連れで賑わう

仕事対策部長 藤原 延行

 第40回住宅デーが、6月4日に8分会、6月11日に4分会と、2週にわたり、行われました。今年は節目の年という事で、二分会で新しい取り組みの催し物が、行われました。西品川分会では、初の分会独自のミニ建前を行い、上棟式で上から新分会長と副分会長がお菓子を撒きました。小さい子供連れのご家族が30名ほど集まり、大変な賑わいでした。
 豊分会では、起震車による地震体験を行いました。消防や赤十字、ゆたか診療所、地域のサークルなどと一緒に開催し、200名ほどの来場で、大変なにぎわいでした。他の分会も、それぞれに工夫をこらした催し物に取り組みました。意見として、各分会ともタープが好評でした。
 全体の集約として、12か所で分会参加者236人、住宅相談が20軒、包丁研ぎ1,298丁、まな板削りが93枚、掲示板268枚、募金が134,216円、入場者数1,331人と、全体を通し盛況に終わりました。五反田分会で包丁研ぎの人員が不足し、困ったとの声もありました。来年も包丁研ぎ講習会は続けますので、新しい参加者を各分会でお願いします。
 当日参加された組合員、主婦の会の方々、大変お疲れ様でした。ありがとうございました。

 


拡大図はこちら

 


拡大図はこちら

 


拡大図はこちら

 


拡大図はこちら

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.