東京土建品川支部

東京土建品川支部

12・17 2017年最後の支部行事

もちつき大会&クリスマスポプリづくり

 組合員・家族の皆さんへの感謝を込めて、今年も恒例の「もちつき大会」を12月17日(日)、支部会館前で開催しました。
 当日は快晴に恵まれ、小豆やきな粉をからめたお餅や海苔を巻いたお餅、トン汁を目当てに、大勢の人でにぎわいました。「つきたてのお餅はおいしい」とみんな笑顔。また、風が強く寒かったため、トン汁も「体が温まるね」と大好評でした。
 また、支部会館3階では、ハートのポプリ作りやハンドベル体験のほかに、主婦の会によるクリスマスソングのハンドベル生演奏も披露されました。
 ベテランのつき手はもちろん、若手組合員や、小さな子供たちも小さい杵でもちつきに挑戦し、大人も子供も楽しんで、無事2017年最後の支部行事が終了しました。

 

いっぷく 娘がイチバン

旗中分会 津田 順子

 趣味は何ですか?と聞かれると、まず浮かぶのは読書です。父の影響で小学生の頃から本を読むのが大好きで、家にある本を片っ端から読みあさっていました。今は仕事や家事や組合の活動等があり、じっくり読書をする時間はないですが、移動中の電車の中などで少しずつ読み進めています。
 もうひとつ好きなのは映画です。昔は洋画が好きでしたが、この頃は邦画もいいなと思うようになりました。目が悪くなって字幕が見づらいという物理的な理由からですが…。
 そして、最後に趣味といういい方は少し変ですが、今一番好きなのは娘です。親バカだとは思いますが、可愛いし、性格も素直だし、一緒にいて本当に楽しいし。いつかは親離れしてしまうのでしょうが、それまでの間もうしばらくこのままで…。

 

第2回組織課題検討委員会

組織強化に向けて取り組み進める

 11月30日(木)に第二回目となる「組織課題検討委員会」を36名の参加で行いました。
 今回は東京土建本部の石川後継者対策部長、小番書記次長に「拡大運動は組織強化をする最大の運動」と題した講演を行っていただきました。今やるべきことは何か、どうしたいのか明確にし、目標を持って、主体的に行動することがとても大切だと強調されました。
 お二人の北支部での経験に基づいた実践的な内容には、参加者から「また来てもらいたい」「もっと多くの人に聞いてもらいたい話」との感想が寄せられました。
 次回の開催では、支部として、まずどこから手を付けていくかなど、具体的な提案ができるよう、取り組みを進めます。

 

南品川分会旅行

綿秋のSLと香嵐渓を楽しむ

南品川分会 櫻井 守

 「大井川鉄道SL列車あぷとラインと錦に染まる香嵐渓2日間」というツアーに分会の有志7名で参加し、山燃ゆる紅葉を満喫してきました。
 新幹線で三島駅からツアーバスに乗り継ぎ、SL列車が出発する大井川鉄道の家山駅へ。初めて乗るSLは年甲斐もなく、心が弾みました。いざ乗車し、千頭駅までの約40分間ツアー客全員で昼の弁当をほお張ったり、景色を見たり、また沿線で手を振ってくれる方に手を振りかえしたり、あっという間に、千頭駅に。そこからは、トロッコ列車で閑蔵駅までガタガタギィギィと線路のきしみを聞きながら、真っ赤に色づいているもみじやテレビなどでもなじみの湖上の駅を楽しみました。
 その後、宿泊先の浜名湖近くの雄踏温泉で一泊し、2日目早朝、香嵐渓に向い出発、水面に映える約4000本のもみじが赤や黄色と色鮮やかな中、7人で散策、また古民家なども見学しましたが、観光客の多さにはびっくりしました。香嵐渓を後にし、次はNHK大河ドラマでなじみの井伊家四十代を祀る菩提寺の龍潭寺ですばらしい庭園を見学。時間を気にしながら、ツアー最後となる小國神社へ。辺りも薄暗くなりライトアップされたもみじを堪能し、三島駅から新幹線で帰路につきました。
 昔を思い出すSLの石炭のにおい、目に焼き付く紅葉、7人全員2日間の旅に大満足でした。

 

写真

 

写真

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.