東京土建品川支部

東京土建品川支部

6・14

消費税再増税反対 区内四駅頭宣伝行動

増税よりも大企業に応分の負担を

税金経営対策部長 佐藤 博信

 昨年安倍首相は消費税について「増収分の使途を変え、全世代型の社会保障制度へ転換する」とし、選挙に勝利しました。しかし、消費税の増税で社会保障は充実してきたでしょうか。大企業の内部留保は史上最高の406兆円に達しています。政府は、大企業向けの減税を毎年繰り返しており、大企業優遇は明らかです。大企業では、賃金の引き上げがありましたが、中小零細企業や私たち町場の建設労働者の賃金は、まったくと言っていいほど上がっていません。これでは、景気は回復しません。
 そのような現状の中で、「庶民増税反対」「消費税再増税の中止」を訴える宣伝行動を区内四駅で行いました。全体で54名の方が参加し、各駅頭では弁士による宣伝、ちらし・ティッシュ4000個の配布と署名活動を行い、署名79筆が集まりました。参加された方々には大変お疲れ様でした。

写真

署名に応える人

写真

チラシ読んで

 

分会活動報告

恒例の旅 英気を養う

南品川分会 澁谷 俊一

 6月3日、快晴の中、南品川分会の春旅を総勢10名で実施しました。青物横丁駅前に集合後、2台の車で一路西伊豆へ。昨年の川治温泉も天候に恵まれましたが、今年もまた大変良い天気になり、つくづく分会の皆様の日頃の行いの良さを痛感しました。予定通り昼には下田に到着し、昼食後櫻井さんの希望もあり、下田水族館を見学。施設は古いですが、ショーや展示の見せ方を工夫したりと頑張っていると思いました。
 その後、元気な人は、下田公園を散策し、名物のアジサイを見学、時期的に少し早い感がありましたが、種類が多く、大いに堪能しました。夜は伊豆の海の幸に舌鼓を打ち、日頃青物横丁のカラオケボックスで鍛えた喉を披露し、大いに英気を養った旅でした。

写真

全員で

 

いっぷく

DIYにハマっています

五反田分会 大西 拡

 私の「モノづくり」のルーツは、「分解」から始まりました。幼少期には、与えられた玩具をバラバラに分解して、親を心配させるようなことが多々ありました。小学生の頃からは自転車をいじり始め、中学生になるとエンジンに興味を持つようになりました。現社長と知り合ったのはその頃で、放課後は毎日のように二人でエンジンを分解したり、組み立てたりの日々でした。エンジンに興味を持った大西少年は、バイクや車を弄くりまわすという「正常進化」を遂げ、フリーターで稼ぎの少なかった頃、「買えないものは作ればいい」と気が付きました。そして、少しずつ工具を買い揃えてゆき、原型を留めないほど改造された車やバイクを一人で作れるまでになりました。
 就職してからは、現社長が車好きということもあり、会社のダンプを好き放題にやらせて頂いています。そんな中、ダンプの寝台やダッシュボードを作っているうちに木工に目覚め、今の住まい(賃貸)に引っ越してからは、家具作りにハマっています。現場で廃材を拾っては持ち帰り、三つ折りのパーテーションや調味料ラック、シューズラックにウォールシェルフ、そしてベッドやバーカウンターまで作ってしまいました。組合員である大家さん曰く、「家の強度が落ちなければ何やってもいいよ」との事ですので(笑)、少しずつですが内装もやっています。

 

 

新役員あいさつ

仲間づくりができる組合に

二葉分会 松本 利弘

 今年度より分会長として活動することになりました。組合員、ご家族の皆さんが活動に参加し、仲間づくりができる組合活動を作り上げていけるように努力していきたいと思います。
 また、若手役員の育成、拡大活動の大変さ等難しい問題が山積していますが、皆さんのご指導ご協力を賜りながら、頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

2度目の分会長です

後地分会 藤崎 優

 二回目の分会長に選出されたんですけれども、私の事情で11月いっぱいで田舎に引き上げる予定にしています。
 こちらにいる間一生懸命頑張るつもりです。よろしくお願いします。

 

ぶらり品川 その(139)

品川の学校・教育機関 豊葉の杜学園

二葉分会 久田冨士美

 東急大井町線「下神明駅」下車徒歩3分。前身は平成23年4月、私と4人の我が子が卒業した「荏原第三中(昭23年4月開校)」と「荏原第四中(昭22年4月開校)」が統合し、開校した「豊葉の杜中学校」です。平成25年4月、我が子の母校「杜松小学校(明治22年開校)」と私の母校「大間窪小学校(昭3年12月開校)」と「豊葉の杜中学校」が統合し、施設一体型小中一貫校「豊葉の杜学園」が誕生しました。小学校と中学校を合わせた9年間の1~4年、5~7年、8、9年と「4・3・2」のまとまりで義務教育の質の向上を目的として2004年から始められ、6校目です。教育活動が存分に発揮できる設備のすばらしい学校です。幼保一体型の「二葉すこやか園」や地域センターも併設しています。
 私と我が子の母校がすばらしい学校に生まれ変わり、とても嬉しく誇りに思います。今年3月に卒業した孫は運動会が午前中は全員参加で1~4年生と5~9年生と2回あって楽しくて良かった。嫁は土曜日が学校公開していて、学校に行きやすく、先生も熱心で良かったと云っています。ここで学んだ子供たちが将来日本を支える人間、21世紀をたくましく生きゆく人材に育ってほしいと期待しています。

 

 

 


 

★共済申請の時効は、事由発生日より1年間です。お忘れなく。

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.