東京土建品川支部

東京土建品川支部

建設四組合共闘

公共・民間工事現場訪問調査

現場の声 改善に結びつけよう

賃金対策部長 松井 広仲

 7月13日(金)に行われた建設四組合共闘「公共・民間工事現場訪問行動(賃金アンケート調査)」に初めて参加した内容を報告致します。現場訪問行動は2班に分かれ、1班は東京建設と南部建設それぞれ2名ずつ民間工事の「武蔵小山駅前再開発工事」と「武蔵小山駅前通り再開発解体工事」を担当し、2班は建設ユニオン2名と東京土建4名で公共工事「品川区立障がい児者総合支援施設新築工事」を担当しました。
 アンケートは11時30分~12時30分の1時間で作業員が昼食を買いに出る時間帯に集中して行いました。厳しい日差しの中、ヘルメットをかぶり、汗だくになりながらのアンケート調査でしたが、思いのほかアンケートに応じてくれる作業員が多く、大変ありがたく思いました。監督をはじめ、対象者の8割以上が応じてくれました。
 今回の調査結果は「区議会ヒアリング」等に活用されますし、企業交渉の資料にもなります。現場訪問行動を通し、賃金の実情を拾い上げ、建設作業員の待遇改善に結びつけることが大切と思います。
 地道に現場訪問行動を続けることの大切さを学びました。

 


 

 建設業退職金共済(以下、建退共)は、建設現場で働く労働者が働いた日数に応じて手帳に証紙を貼っていき、建設業をやめた時に本人に退職金が支払われる制度です。建退共手帳は支部事務所で申請できますので、必要な方はご連絡ください。

写真

建退共に加入していますか

 

支部学習会 7・26

「介護保険の現状と今後」を学ぶ

「知らなかった」が多数

 7月26日(木)、支部学習会が品川区立中小企業センターにて、88名の参加者で開催されました。
 東京社会保障推進協議会事務局次長の相川和義さんを講師に「介護保険の現状と今後」について、学習しました。
 講義を通して、知っているようで知らなかった介護保険の実態を理解することができました。
 2000年に開始した介護保険制度は、その成り立ちから国の負担を減らし、社会全体で支えていくという理念に基づいていますが、18年が経った現在、総介護費の抑制と「効率化・重点化」が図られ、保険料を納めているからといって必ずしも望むサービスが受けられるとは限らないのが実情です。
 相川講師からは、要介護認定申請を希望する場合、直接自治体の窓口に行くのではなく、介護事業所を通すようにと助言がありました。自治体の負担を増やさないため、介護認定ではなく、総合事業の利用をすすめられることがあるからとのことです。
 介護保険は、国民全体の課題です。多面的な学習と、それを踏まえた運動が必要です。

〈参加者の感想〉

・非常に良かった。今までさっぱりわからなかったことが、良く理解できた。
・勉強になりましたが、内容が広すぎて、短時間で理解するのは厳しいです。
・65歳過ぎてから年金から介護保険料を引かれていますが、土建に支払っていた時よりも何倍もの金額です。
・消費税アップの最初の目的は、上昇分を社会保障にまわすと云うことではなかったのですか。
・自分にはまだ関係ないと思っていたが、それではいけないことに気がついた。
・大変勉強になりましたが、何度か講演を企画してもらい、もっと知りたいと思います。
・国の無責任さが良く分かった。保険料は上がり、介護の質は下がると思うと、先が真っ暗になるような気がします。

写真

講演のようす

 

建設四組合共闘

都議会議員要請

全都議から獲得めざす

 品川区内建設四組合では共闘して、建設国保への補助や支援に対する、都議賛同署名要請を行っています。
 7月24日、関口副委員長と小林社会保障対策部長が、品川支部が担当する白石民男都議(共産)に要請を行いました。白石都議からは、建設国保の重要性は十分に理解している旨の回答があり、その他にも公契約条例やアスベストが使われている建物の解体等についての条例化などの話がありました。
 その場で署名いただいた都知事あての要請書には「建設労働者など働く人の権利をいっそう向上させ、だれもが安心して働ける東京都実現のため、都の役割を果たすことを求めます」との言葉が添えられました。
 尚、建設産業ユニオンを通して、伊藤興一都議(公明)からも賛同の署名をいただいています。

 

写真

白石都議(左)に要請書を手渡す

 

算定基礎届の届出は お済みですか?

〈「厚生年金標準報酬決定通知書」のご提出をお願いします〉

 7月上旬に年金事務所に届出された場合、8月中に「標準報酬決定通知書」が会社事務所あてに届きます。
 国保組合で次年度の保険証を発行するために必ず必要となりますので、9月21日(金)までにファックスでご提出をお願いします。未届の方は、お早めにお手続き下さい。

品川支部 FAX:03-3783-1063

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.