東京土建品川支部

東京土建品川支部

我が家のお雑煮教えてください!

みなさん、もう召し上がりましたか?

続いていく家の味 年の始まり

南品川分会 清水 眞仁

 最近は季節行事も簡略化され、食卓からも四季が感じられなくなりました。それでも1年はお雑煮から始まリますね。
 我が家のお雑煮は、元旦は関東風でお祝い。かつおと昆布だしの醤油味!鶏肉、里芋、大根、人参、椎茸。欠かせないのが小松菜とナルト。お婆ちゃんが作っていたそのままが半世紀続いています。
 そして、2日目は京風お雑煮。カツオだしと白味噌ベースです。東京に住んでいると、材料が手に入り難く、代用品が多くなります。ホントは丸餅だよ、とかホントは聖護院蕪だよとか言い訳の多いお雑煮になります。
 一年の初めに、お雑煮をいただく事でお母さんの味を思い出したり、故郷を想ったり。
 今年も家族でお雑煮を食べながら、この味がずっと続いて行くことを願います。

写真

清水家のお正月

 

やっぱりお雑煮が好き

後地分会 野村 和好

 子供の頃は、母親が職人さんの三食の賄いをしていたので、元旦はお雑煮の後、すき焼きではなく、手っ取り早い牛鍋を振る舞って、それぞれの親元に送り出しており、今でも兄弟家族が集まる元日は、同じ情景であります。ただし、お朔日と、二日三日のお雑煮が異なります。
 一日は後で牛鍋なので、澄まし仕立てに焼き餅、小松菜それを玉子とじにして、焼蒲鉾と冬至の日に一陽来復で早稲田の穴八幡神社で買った柚子一片というものです。
 二日三日は、同じく澄まし仕立てで、焼き餅と鶏のもも肉、焼蒲鉾と三つ葉に柚子というお雑煮を食べています。
私、後の方のお雑煮が大好物で、節目節目の門出には食していきたいものです。人生最後の食事があったら、やっぱりお雑煮が食べたい。

 

あん餅雑煮食べてみて

大井分会 伊藤 麻衣

 私は香川県出身です。香川のお雑煮は、誰が聞いても二度聞かれます。雑煮の中の餅があんこ入りの餅なのです。
 「本当にそんな雑煮が?」と思う人も多いかと。
 汁は白みそベースの汁です。人参(紅)、大根(白)、切り方はなるべく「輪切り」にして、今年一年丸く収まりますようにと願いを込めます。そして、あん餅、青のりをパッとかけ、これを香川では「あん餅雑煮」と呼んでいます。白みそにあんこと少し抵抗があるかもしれませんが、食べると意外と美味しいです。
 今年のお正月はぜひ、「あん餅雑煮」を作って食べてみてください。新しい発見、楽しい一年を送れると思います。今年も皆様のお力を借り、成長してきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

 

楽しいお正月のトップバッター

中延分会 栖原 正子

 謹んで新年のお慶びを申し上げます。土建の皆様には本年もご指導のほど、よろしくお願い致します。
 さて、お正月の食卓といえばお雑煮ですが、私の家でも関東風のお雑煮を何十年も作り続けております。
 具は、鶏もも肉、蒲鉾、小松菜、ゆずの皮、なると、角餅といった一般的なものです。しかしお正月を新鮮な気分で楽しむため、元日は水から鶏ガラを入れ、沸騰させずに2時間煮込んで作る、澄んだ色のコクのあるスープです。2日目は日高昆布と自ら削った鰹節の2種から取った出汁で作るサッパリとした関東風のスープですが、味に変化を出す工夫をしております。
 私の家の正月は親族たちが20人以上集まり楽しい一時を過ごします。お雑煮から始まり、おせちを囲み、最後におしるこを食べるのが毎年の恒例となっております。私の手作りの料理を楽しみに来てくださることに私自身が幸せを感じ、老体ではありますが、これからもこのように親睦を深め、楽しいお正月を過ごせるように、頑張りすぎず、元気でいられるよう邁進したいと思います。

 

「幅を利かす」ハバ海苔

豊分会 富彌 良則

 私の故郷は、千葉県八街市根古谷というところで、場所は千葉市と佐倉市との境にあり、千葉県の大体真ん中あたりですが、地名のように未だに開発されておらず、それが良いところだと勝手に思っています。
 さて、わが家の雑煮ですが、餅は角餅です。みそ汁仕立てで里芋を入れます。鰹節を掻いて、ハバ海苔を細かく揉んで混ぜていれます。
 他の家の雑煮は食べたことが無いので分かりませんが、特徴はハバ海苔につきると思っています。普通の海苔と違い、磯の香りがつよく、鰹節との相性がとてもいいです。
 子どもの頃は毎年、兄弟と餅を何個食べられるか競争しましたが、お互い負けず嫌いだったので、腹八分目など眼中にありませんでした。
 もう一つ、雑煮と一緒によく食べていたのが海藻を煮て寒天状にしたもので、消化に良いとよく作っていました。
 大した雑煮ではないと思うのですが、こちらでは材料調達と手間がかかり、なかなか作れませんが、それぞれわが家の味として忘れられません。

 

ありがたいふるさとの味

小山分会 及川 庄治

 雑煮について格別考えたこともなかったが、正月になると、毎年食する料理ではある。
 ぼくの町は東京から遠く離れた片田舎だ。雑煮の具は正月料理に使った残り野菜、足りなければ畑に取りに行く。けれど、一つだけ畑では手に入らないものがある。それはほとんどの家で十羽から二十羽は育てている。卵を採るための鳥である。小屋の中ではなるべく目立たないように身を小さくしている中から一羽引っこ抜き、具の一つとなってもらう。より良い味を出してくれ、有りがたくいただく。
 ところで、日本の総理の作ったシンゾウニ(晋三×雑煮)。賞味期限の切れた物や腐りかけたような具材で作った新ゾーニはいかがなものか?食べられたものではないだろう。

 

東西対決 軍配はいかに

五反田分会 澤幡 活寿

 ウィキペディアによると、「雑煮」とは餅を主な具とし、味をつけた汁をはった日本料理とあります。
 私の田舎は茨城県那珂市という所で、母親が作ってくれるそれは、東日本でよくある四角く切った餅を、汁に入れる前に焼いて、軽く焦げ目が付いたら汁に入れて煮込むという作り方です。汁は少し変わっていて、醤油仕立てのけんちん汁で、大根、人参、ごぼう、里芋、こんにゃく、豆腐、椎茸、油揚げ、鶏肉が入っている食べ応えのある一品。
 対照的に妻の田舎は、西日本の滋賀県東近江市で、平たい丸い形の餅を生のまま入れて煮る作り方。汁はあっさり澄まし仕立てで、ネギと蒲鉾、三つ葉を入れて仕上げもさっぱり。
 同じ雑煮でも地域でこんなに違って、甲乙つけがたい。2種類の味でおいしく、飽きのこない我が家のお正月です。

 

汁もいろいろ 具もいろいろ

旗中分会 津田 順子

 我が家のお雑煮というテーマで分会の皆さんに尋ねてみました。話を伺ったのは、潮さん、根元さん、宮地さん、臼庭さん、内田さんの5人です。お餅は角餅を焼いて入れる、味は醤油味がほとんどでしたが、宮地さんは個人的にお餅は焼かないのが好きということです。そして、内田家では奥様のお母さんが神戸出身ということで味噌味だそうです。だしはかつおが多いですが、根元家では合鴨でだしを取ります。具に関しては、小松大根、なると、肉はかしわが多かったです。でも、臼庭家は肉は豚肉ということです。潮家はけんちん汁のように作り、竹の子や里芋を入れるそうです。
 同じように思えてもそれぞれの家で少しずつ違うお雑煮でした。

 

年に一度のごちそう

品川分会 工藤 みつ子

 私の田舎は山形です。山形名物いろいろあれど、何と言っても芋煮会です。テレビでも放映される山形市の芋煮会では、直径6・5mの大鍋を使い、3万食が提供される大イベントです。私が子どもの頃の田舎のお雑煮は、この芋煮会の源流のようなものでした。
 元旦が過ぎ、雪が積もり、旧暦の正月が近づく頃、父と兄は餅をつき、私らはもち米を蒸すのを手伝ったりして、一家をあげて正月の準備をしました。
 お雑煮は一家9人分の入る鍋に、こんにゃく、ネギ、油揚げ、鳥肉または豚肉、それにごぼうと大量の里芋を入れ、お醤油で味を調えたら、つきたてのお餅をちぎって入れて、出来上がりです。
 年に一度のごちそうでしたので、とても楽しみでした。

 

思い出す母の味

豊越分会 松永 静枝

 

 私にとってのお雑煮は、実家にいた頃、母が作ってくれたものでした。新潟出身の母は、ぜんまい・蕨が入り、いろいろな野菜・こんにゃく・蒲鉾、その他10種類以上のものを具だくさんに、大鍋で大晦日一日かけて作り、そのスープは最高のごちそうで、正月の楽しみでした。
 大きくなってお雑煮には、地方によって、また家庭によってさまざまなものがあることを知りましたが、私たち兄弟にとっては、母が作ったものが最高のごちそうでした。家を離れた兄たちは、お正月に実家にくると、必ず雑煮を食べていきます。
 母が亡くなってずいぶん経ちましたが、お正月が来ると、今でもあのお雑煮と共に母を懐かしく思い出します。

 

我が家のレシピ いかがでしょう

西品川分会 石谷 昌代

 材料からですが、大根・人参・鶏むね肉・瀬戸の本塩・切り餅・椎茸・ほうれん草・三つ葉・柚子の皮・本だしです。
 作り方は、①大根・人参は5 cmの短冊切りにします。②本だしを入れたお湯で、大根・人参の順で茹でます。椎茸は、別に茹でておきます。③鶏肉はそぎ切りにして塩を振り、しばらく置いて湯にサッと通しておきます。④ほうれん草は、サッと塩茹でにして、水けを絞り、5 cmに切ります。
⑤切り餅は、少し焦げ目が付くくらい焼きます。
⑥お椀にほうれん草・大根・人参・椎茸・三つ葉・柚子の皮・鶏肉・切り餅を盛り、汁を注いで、出来上がりです。
 お正月前でしたが作りましたので、写真をご覧くださいませ。我が家のお雑煮です。

 

一年のスタートに感謝の気持ちで

二葉分会 久田 冨士美

 我が家は元旦から三日間お雑煮を食べます。焼いた角餅と醤油ベースの澄まし汁で具には鶏肉、大根、人参、里芋、小松菜、椎茸、なるとを入れます。
 お雑煮は、室町時代に武士の宴会で必ず初めに酒の肴として食べる縁起の良い食事として生まれ、一月のスタートである元旦に食べるようになりました。年末にお餅をつき、海や山の幸と年神様に供える習慣があり、年の初めに供物を雑して(混ぜて)煮て食べたことによって雑煮と言われるようになったそうです。それを食べると、豊作や家内安全そしてこの一年幸せになり、「神様の力」も体内に取り入れられると信じられていました。
 お雑煮には大事な意味が込められている事を知り、今まで以上に感謝の気持ちを持っていただきたいと思います。

 

明るく先の見えるすばらしい年に

支部執行委員長 野村 和好

 組合員、家族の皆さん、新年あけましておめでとうございます。健やかな新年をお迎えの事とお慶び申し上げます。
 さて昨年も近年と同じく、台風や大雨、それに地震も多く発生して、日本が災害列島である事を、再確認させられる一年でした。中でも6月中の梅雨明け、それに伴う長い猛暑の夏と、体調管理の重大さを実感された方も多くいらっしゃると思います。
 土建国保では健診を推進していますが、受診率は未だ低迷しています。土建国保の受診率向上のため、提携医療機関での受診をお願い致します。実績次第で、補助金の削減、国保料のアップも考えられ、6月~11月に3回にわたって行っている予算要求ハガキの努力の結果も、そのペナルティで無駄骨になってしまいます。今年からスタートする「建設キャリアアップシステム(CCUS)」にも受診の有無が入ります。ぜひご夫婦でご受診ください。家族の受診率が低いことも指摘されております。今年も、支部一丸となって、受診率向上に取り組みましょう。
 順調な歩みをしている「NA・TSU・KO」でありますが、2月はCCUSの講習と交流。第6回(7月)は品川プリンスホテルで、初参加の28名を含め77名で、名刺交換から始まり、話の内容は多岐にわたりました。今回事業所からの参加も増え、次回からの企画に逆の思いで憂慮しています。
 さらに、心配であるのが、3月の「重税反対全国統一行動」であります。デモ行進は多くの参加者で申し分ないのですが、同日の集団申告者が、品川・荏原税務署とも年々減少しています。書記局の申告指導もあり、税務署もスムーズに受領しますので、ご利用いただければと思います。また、6月と11月の区内四駅頭での消費税再増税反対の取り組みでも、街行く人々は無関心で、署名に応じる人は多くありません。消費税がになりましたら、私ども零細個人事業主は、店をたたむ羽目に陥るかもしれません。日本のような輸出立国において、消費税は輸出大企業への補助金的性格の「輸出戻し税」を還付するものであり、社会保障に投入する余地のない代物です。10%の後は、13%、18%と財界は政府に要望しています。消費税のように税率を上げるたびに複雑化するシステムは賛成できません。私たちは決して納税すること自体はやぶさかではありません。平等で簡単で、収入に見合った納税システムである事を望んでいるだけなのです。
 6月になって3回に分けて、区内12分会で第41回の住宅デーが、多くの組合員スタッフにより賑々しく繰り広げられました。それぞれの地域性が考えられた創意工夫の開催でした。いつも見慣れたメンバーと思いきや、新しい顔もちらほら伺うことができ、分会内の後継者活動も少しずつ成果が現れてきました。
 10月には一昨年大雨で中止いたしました「品川区住宅まつり」では、土建の仲間が多くの催し物に参加し、区内四組合で中心的な存在である事を再確認しました。同じくマチケンの「倒壊建物からの救出訓練」のシミュレーションを2年越しにご披露することができて、ほっとしました。
 11月晴天のもと、「第17回秋の住宅デー」も開催しました。多くの組合員スタッフは2年ぶりの開催とあって、意気込みもあらわに臨みましたが、来場者は例年程でなく、時期や催し物も含めて考え直す頃合なのかもしれません。
 晴天といえば、今年の厚生文化部主催の秋のバスハイクは、昨年とは打って変わって秋晴れの下、遠く富士山を望み、鴎と戯れながらのフェリー航行は忘れられない思い出となりました。
 昨年私は、例年より1回多く、八丈島に渡島いたしました。一昨年の本部70周年記念イベントで八丈島物産展を開催いたしましたが、そのご縁で江戸川支部第一京葉分会の仲間が八丈島で研修を行う事になり、その懇親会に支部代表として伺ったからです。これからもこのような交流を進めていきたいと思います。
 拡大運動は、区内と八丈島の13分会で多くの役員・活動家・主婦の会の皆さんにご尽力頂きました。「春一番」「春」「秋」と集中的に臨んで頂くほか、毎月各分会1名の拡大をお願いしております。それに加えて、春と秋の2回、支部三役と書記局で事業所訪問をして「顔の見える」運動を繰り広げております。それでも、組合員訪問や、電話かけなど、皆さんにご苦労をかけるわりには、成果が上がらないのが現状であります。一部に、拡大出陣式において、各分会から通称「もちより」といって2~3名の拡大成果を発表する奇っ怪千万な支部もあるようですが、私たちは「少しずつでも確実に」が信条です。23区内と多摩地区との建設従事者の居住人口も異なります。現存の加入者の大半は事業所からのもので、その多くは春に入社するのに、今と同じ時期の拡大月間でいいものなのか、いささか疑問です。脱退者の中には、上位会社の意向で、「建設国保」から「協会けんぽ」へ強制的に移行せざるを得ない方もいます。実際「協会けんぽ」に移行することはもはや致し方ない事で、それでも組合には残っていただく魅力ある方策を打ち立てるべきと考えています。もちろん、組合費や共済の条件は、皆さんとは変わる事になります。ますます仲間を増やすこと、そして脱退させないことが難しくなってまいりました。
 今年は元号も改まり、選挙と消費増税の年であります。大手建設業者や政治に携わる人々が、「勝者のたしなみ」をもっての行動を期待するものであります。また、早々に「フルハーネス型安全帯使用特別教育」、4月にCCUSスタート、品川区浜野区長公約でもあります「公契約条例」の制定の案件等大忙しの一年となりそうです。
 最後に、旧年中は多くの組合員・家族・役員・書記局に、ご尽力いただき、大変ありがとうございました。
 今年も皆様にとりまして、旧年にもまして明るく先の見える、すばらしい年である事を祈念して、ご挨拶とさせて頂きます。

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.