東京土建品川支部

東京土建品川支部

分会対抗ボウリング大会

白熱したゲームに盛り上がり

 2月17日(日)、第14回分会対抗ボウリング大会を、品川プリンスボウリング場にて、総勢92名で開催しました。残念ながら全分会での参加とはなりませんでしたが、参加した11分会中7分会が参加基準を満たし、熱戦を繰り広げ、親睦と交流を深めました。

 

西品川分会 春田 昌哉
 2月17日(日)、妻と息子(3歳と1歳)の家族4人で、参加しました。前回初参加し、個人で準優勝したので、甘く見ておりました。それ以降ボールを投げていなかったので、今回は思ったところにボールが行ってくれませんでした。結果は散々で、チームの足を引っ張ってしまいましたが、メンバーの坂本さん、林さん、山田さんがすばらしいスコアを出してくれたので、見事チーム優勝をすることができました。
試合後の懇親会で皆さんと勝利の美酒で乾杯し、家族も美味しい料理をいただき、楽しい一日を過ごさせていただきました。長男も投げて楽しんでいて、妻も投げたいと言っておりましたので、次回も参加して二連覇を狙います。企画していただいた皆様、ありがとうございました。

写真

決まるか!?

 

いっぷく

便利なスーパーできたけど

後地分会 野村 和好

 昨年の春、私の自宅のすぐ下に、大型スーパーが一年遅れでオープンしました。それは坂下にあるので、建設の基礎工事の際に水が止まらないため、1年間放置し様子を見て、工法の変更を強いられたためです。近くの松原橋の交差点の地下に、水を溜めるためのピットがあるし、現在でも大森駅に向かうジャーマン通り入口あたりは、雨が降ると冠水するという環七沿いの馬込であります。
 しかしながら、自宅から20歩でスーパーマーケットの裏入口があるため、2年ほど前から体調を崩している連れ合いの代わりに、帰宅してからの食材購入(弁当になる事が多い)にも便利になり、助かっています。
 ただただ現在は一日も早い快復を祈るばかりです。

 

品川区住宅センター協議会 新規会員募集のお知らせ

 品川区住宅センター協議会は、建設四組合(東京建設・南部建設・建設ユニオン城南支部・東京土建品川支部)が地城住民の住宅要求に対応するとともに、会員の営業とくらしの安定をはかるため、品川区を相談窓口として一般区民の仕事を受注し、職域の確保をはかるために設立されたものです。

募集業種
(建築・大工・配管設備・左官・内装・畳・板金・防水・鉄骨・造園・電気など)加入に際しては左記誓約事項を遵守し、責任施工のできる方とします。
①品川区より紹介された工事について、どんな小さな工事でも、誠意をもって迅速に責任施工致します。
②当事業所は、労災保険に加入しています。
③品川区、および貴センターの規定に従い一切のご迷惑をおかけいたしません。
☆費用 一万七千九百六十円(加入金・会費・看板代)
●申込みは三月二十九日〓までとなっていますので、申込書・誓約書・代金を支部事務所までお持ち下さい。

 

主婦の会バスハイク

寒さとのたたかいに

旗中分会 津田 順子

 2月9日(土)、大雪注意報が出て、冷え込みが厳しい中、三浦海岸に向かってバスは出発しました。最初の横須賀軍港めぐりクルーズ乗船場所にはスムーズに到着。桟橋で乗船を待つ20分間は雪と風にさらされてしまいましたが、船に乗ってしまえば、中は暖かく、快適なクルーズを楽しみました。
 その後、ソレイユの丘に移動して昼食。サザエやエビやマグロなどの魚介類を好きに選べる浜焼きバイキングを堪能しました。昼食後の園内散策では、雪はやんでいましたが、寒さは厳しく歩きまわるのは少しつらく、バスに乗るのが待ち遠しかったです。
 最後は三浦川名農園でいちご狩りをして、産直センターうらりで、土産物を買って帰路に着きました。大雪ではありませんでしたが、寒さとたたかった一日でした。

写真

39人参加しました

 

 

ぶらり品川 その(146)

地名・人物 鮫洲運転免許試験場

品川分会 髙橋 宏

 「鮫洲」は「府中」と並んで自動二輪免許の一発合格をねらえる東京で数少ない試験場である。
 40代の初めごろ、私は二輪の中型免許が欲しくて、「鮫洲」で受験した。
 試験車は、ホンダCBX400。またがって、その重さにあらためてビックリ。アメリカンタイプの250ccで練習はしていたものの、400ccはエンジンパワーが全く違って、エンジンブレーキの利きも大きく、スムーズな運転ができず、あえなく脱輪のうえ不合格。試験官がうれしそうに笑って(私にはそう見えた)、「まあもっと練習するんだね」の一言。結局、教習所でバイクを借りて、10時間以上練習して再度受験。3回目くらいで合格したと思う。
 その後、練習に火がついたのか大型バイク免許に挑戦した。
 当時は大型バイク免許は一般教習所では取得不可で、試験場で一発合格するしか道のない狭き門であった。中型でも苦労したが、大型は一段と難しく、私は3回目の受験で合格したが、教習所での練習時間は40時間を超えていたと思う。
 合格をエサに徹底的に練習させる、これが警視庁の方針のようだった。

 

労働保険 新規・年度更新説明会

日時‥3月20日(水) 19時~
場所‥品川支部会館
 【労災保険】
 現場で働く人のための保険です。一人親方の方は、必ず一人親方労災に加入して下さい。
 特別加入により、労災事故の医療費は全額補償され、加入時に決めた「基礎日額」に基づいて、休業補償が受けられます。元請で仕事をする人は、事業所でも労災に加入する必要があります。
 【雇用保険】
 週20時間、31日以上雇用する人がいる場合は、必ず加入しましょう。

 ご加入中の方は、3月中旬に、年度更新書類が送られます。内容のご確認をお願いします。

 

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.