東京土建品川支部

東京土建品川支部

不公平税制反対 再増税中止

3・13重税反対統一行動

110名の参加で「増税反対」

税金経営対策部長 佐藤 博信

 消費税率が8%に引き上げられて、5年近くが経ちますが、個人消費に回復の兆しはまだ見えません。GDPは昨年の実績を下回りました。厚労省による「毎月勤労統計」では、統計の不正が発覚し、政府統計への信頼が揺らいでいます。
 税務行政では、国税通則法が施行されて以来、調査権限が一部強化されていますが、税務調査時に「11項目の事前通知が完了しないうちの実地調査」や「行政指導による文書や電話で税務署に呼び出し、署内で税務調査を行う」など自主申告制度と納税者の権利を脅かす非民主的な状況が見られます。
 労働者の実質賃金が上がらず、個人消費が低迷、さらに景気が後退するなかで、増税が実施されれば、8%への増税の時以上に内需が激減し、景気に壊滅的な打撃を与えることは明らかです。また、インボイス方式の導入は、消費税の非課税事業者を取引から排除する制度であり、中小の事業者にとっては死活問題です。
 今年度も仕事と暮らしを守るために、「大企業優遇、国民への負担増」の政策に対し、「賃金引上げ」とともに、「応能負担による公平な税制」「消費税再増税反対」の運動を地域から訴え、沿道の声援を受けながら、110名の参加で、デモ行進を行いました。
 なお、集団申告は荏原19名、品川16名の申告でした。

写真

デモのようす

 

春の仲間づくり運動

マンネリにならない取り組みを

組織部長 関口 浩助

 年間を通して進めている拡大運動ですが、今回からは「仲間を増やす取り組み」として提案していきます。「新しい分会役員も行動しやすく、時代に合った言葉遣いを」と以前から意見がありました。
 1月から3月までの推移は加入が37名と、昨年の33名に比べ、4名増となった今年の仲間を増やす春の一番行動でした。
 二つの元号をまたぐ形で春の取り組みがはじまります。2月から3月にかけての脱退者が昨年よりも多く、他界された方のほか、仕事がなく転職するなどでの脱退が主な理由です。マンネリにならないような取り組みをしていきます。
 一人でも多くの参加を切にお願いします。

 

3・20

労働保険説明会

労災保険の補償は?

 3月20日(水)、支部会館において、「労働保険新規・年度更新説明会」が開催されました。
 主な内容は、(1)ビデオ上映「フルハーネス型安全帯の使用について」、(2)労災保険、(3)災害補償制度です。
 労災保険の適用については、形式的には「一人親方」(請負契約)でも、実態として労働者と同様の働き方をしていると認められた場合、「元請」の労災保険を適用することになります。その場合、直接発注を受けた事業者が、労災保険の手続きを行っている必要があります。
 自分の状態を見直すことはもちろん、労災に加入していない仲間には、ぜひ加入を勧めましょう。
 また、4月は人の異動が増える時期です。労働者を一人でも雇ったら、雇用保険に加入する義務があります。早めに手続きするようにしましょう。
 労働保険加入のご相談は、組合事務所までご連絡ください。

写真

説明会のようす

 

春の拡大行動日

下記の行動日には、各分会の拡大センターにお出かけ下さい。仲間の顔と情報が各分会に元気を生みます。
第1次行動日
●4月26日(金)
第2次行動日
●5月10日(金)
八丈島分会行動日
●5月11・12日(土・日)
第3次行動日
●5月15日(水)
第4次行動日
●5月23・24日(木・金)
第5次行動日
●5月28・29・30日(火・水・木)

 

どけん生命共済

受取人指定をお願いします

 60歳未満で加入された組合員の方は、「どけん生命共済」が付帯されています。組合員さん本人が亡くなられた場合に組合総合共済・生命共済の受取人指定がされていれば、万一の際のお手続きの負担を減らすことができます。※配偶者が受取人の場合は手続不要です。
☆詳しくは、支部事務所まで

 

建前

中延分会 村山 浩幸

 皆さんは、○長で何を思い浮かべますか。社長とかですかね。今回は、分会長について書きたいと思います◆分会長というと大変で、面倒くさいというイメージだと思います。私は役員を長年経験して、分会長になりました。役員の頃から少しですが、分会長を支えて手伝ったので、分会長になった時には、辺りの人に助けてもらい、3年間そんなに苦労する事なく終わりました。次の分会長もサポートしながら、行動していこうと思っています◆皆さんも役員の人や分会長に年2、3回でも協力すれば、きっと手伝ってくれると思います。それに、土建のいろんな特典や割引、その他現場の相談、困りごともろいろ勉強にもなりました。最近では、組合員も減り、役員も不足して高齢化も進む一方です◆もちろん仕事や家庭が大事なのは解ります。少しでも時間が空いた時に顔を出してください。拡大でも夕方訪問していますが、訪問する側も辛いんですよ。支部や分会でいろいろ話を聞いて、東京土建を活用しましょう。

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.