東京土建品川支部

東京土建品川支部

建設産業の未来を創るシンポジウム

3・5 若き労働者の意見表明

五反田分会 岩﨑 一宇美

 三月五日(火)、千代田区永田町の星稜会館で、建設産業の未来を創る(つくる)2019シンポジウムと銘打って、全建総連東京都連合会が約300名の参加を得て、2016年から今回で4回目の集会を開きました。都連菅原委員長の主催者挨拶・来賓挨拶と各界のメッセージ紹介があり、宮本書記長の基調報告で「働き方改革」が建設産業にどのように影響するか、長時間労働を緩和する週休二日制を実施する場合の収入の減少などの反対意見のアンケート結果などが発表されました。
 その後、壇上に六名の若いパネリストが登壇して、若い人の入職の少なさと高齢化による人手不足の実態の中で日頃感じていること、悩んでいることを工務店事業主二名・野丁場従事者・大工職人・とび職・女性防水工の方々がそれぞれの立場で話しました。
 最近の仕事・現場の状況、仕事での失敗談、現状を踏まえての後継者の育成。現場での外国籍就労者の状況。働き方改革を進める上での課題。また、仕事確保、現場作業で意識的に取り組んでいること、建設産業の未来を創るための決意等を発言され、窪田都連副委員長の音頭で団結がんばろうで閉会になりました。

写真

シンポジウムのようす

 

いっぷく

「ライオンキング」に感動

豊越分会 髙橋 玲奈

 2月3日、豊越分会の分会行事で、劇団四季「ライオンキング」を鑑賞しました。実際に鑑賞してみて、家族全員で感動してしまうほど物語に魅力を感じました。
 劇団四季を見る機会が今までなく、今回初めて見ることができました。
 物語の中に出てくるライオンやハイエナ・キリン・ゾウなどのいろいろな種類の動物たちがリアルに表現されているところが本当にすごいと思いました。また、劇団員のみなさまの歌声だったり、セリフ一つひとつの声の大きさを場面にちゃんと合わせていて、とてもかっこいいと感じました。
 今回このような機会のおかげで家族全員ですばらしい作品を鑑賞することができ、とても良い思い出になったので良かったです♡

 

3・21 青年部ミニハイク

相模湖プレジャーフォレストへ

 3月21日(木・祝)に青年部主催の「相模湖プレジャーフォレスト」へのミニハイクを初参加者2組を含む、青年部員&家族合計26人の参加で開催しました。
 当日は天気が心配されましたが、雨模様は朝だけで、風は強かったものの、お日様も顔を出す陽気となりました。参加者はプレジャーフォレストの遊具やアトラクションを楽しみ、昼のバーベキュー、夜のイルミネーションなど初春の1日を大いに楽しみ、親睦と交流を深めることが出来ました。
 青年部ではこれからも青年組合員の交流と結集を図っていきます。
 青年組合員の皆さんの参加、お待ちしています!

 

第55回主婦の会総会

「品川さつきの会」親しみ易く

二葉分会 村越 千秋

 3月16日、品川区中小企業センターにて、出席者50名で第55回主婦の会総会が行われました。
 今回の総会では、規約の変更が承認されました。まず、役員の定年はそのままで四役が定員に達していない場合に限り、70歳以上の役員を承認すること。この規約を利用せずに世代交代が行われるようにとご意見がありました。次に、サブネームを「品川さつきの会」とすること。さつきは区の花。女性らしく親しみのある名前だと思います。
 新年度は、南部ブロック後継者交流会で好評だった劇団四季の観劇を行う予定です。どの演目を観られるか楽しみですね。来年も明るく楽しい「品川さつきの会」になるよう、皆で盛り上げていきましょう。

 

ぶらり品川 その(147)

学校・教育機関 後地小学校

後地分会 野村 和好

 後地小学校は昭和3年の創立で、昨年の11月で90周年を迎え、現在新校舎を建設中です。私が入学した昭和33年の次の年から、当時の校舎の解体と建設が3分の1ずつ始まり、5年生の3月の体育館完成ですべて終了して、1年先輩の6年生の卒業式を新体育館で開催されたことを覚えています。
 私が1年生と6年生の時だけ工事がなく、その2年間校庭をフルに使った記憶があります。当時生徒数も多く、プレハブの仮校舎などあるわけもなく、その4年間は2部授業を余儀なくされました。昼近くに登校する日は、帰宅するのも遅くなりました。
 その頃の校舎、南京下見の外壁でペンキも剥離していて、内廊下は板張りのオイルを染み込ませた床、外の窓ガラス戸も白ペンキ仕上げで、掃除の際は古新聞で擦っていました。今建設中の3代目の校舎は太陽光が入る設計で、校歌と同じく、どのような「光があつまる 光がたまる」のか完成を楽しみにしているところです。
 この「後地」難読小学校名の中にもあり、小山二丁目の交差点、今はスーパーの隣にある「朝日地蔵尊の後ろの土地」から始まっています。古くからの住民は、この逆の「地蔵前」という名称も同好会の名にも使用しております。
 私の亡母は、小山台の「お猿橋」に住んでおりましたので、この小学校の2回目の卒業生でした。

 

若手・子育て世代向け バスハイク2019

潮干狩り・BBQ

日  時:5月19日(日)
     午前7時30分出発~午後6時帰着予定
場  所:千葉県富津市方面
参加対象:20~40代組合員と家族、現役子育て世代・分会役員1~2名
内  容:《潮干狩り(※富津海岸)⇒マザー牧場(※昼食後、園内自由行動)⇒道の駅・四季の蔵(※買い物)》
参 加 費:大人(中学生以上)・3500円
     小学生・1500円
定  員:バス2台・80名(※定員になり次第締切ます)
〆 切 日:5月10日(金)

 

健康診断を受けましょう

◎旗の台健診センター 日時:7月6日(土)午前
◎支部会館(進興クリニック) 日時:7月7日(日)午前
 お申し込みは支部事務所まで(03-3783-0471)
 そのほか、東京土建国保では都内外に約200ヶ所の提携医療機関があります。ご都合にあわせて
 ご利用下さい。詳しくは、東京土建国保HPまで。

 

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.