東京土建品川支部

東京土建品川支部

仲間の力で地域貢献区内12ヶ所で

春の住宅デー

毎年恒例

地元に根ざした取り組みで

 第42回住宅デーが、6月2日に6分会、9日に4分会、16日に2分会の日程で行われました。
 各分会が工夫を凝らした出し物・模擬店で、近隣のお客さんを喜ばせました。毎年来場しているお客さんも多く、リピーターに先着順で花鉢を渡している豊越分会では、開始後すぐに30鉢がなくなるなど賑わいました。
 それぞれの分会が、多くの仲間の協力で、笑い声のあふれる楽しい住宅デーとなりました。

写真

 

表

拡大図はこちら

 

 

5.26

包丁研ぎ講習会を開催

やる気があれば上手くなる

職域対策部長 藤原 延行

 5月26日、講師を含む9分会19名の参加で包丁研ぎ講習会を開催しました。研ぐという作業が直接仕事と関係なくとも、やる気と覚えたいという気持ちさえあれば、だれでも研げるようになります。実際毎回出席されている方で、進歩を見せている方もいます。少しできるようになると楽しくなり、楽しくなると上手くなる、その繰り返しで身についてゆきます。研ぎ手不足解消につながるよう、講習会は続けます。
 住宅デーでは新参加者の顔も見受けられました。参加された組合員、主婦の会の方々、大変お疲れ様でした。ありがとうございました。

写真

 

建前

教育宣伝部長 野村 和好

 今年は南品川分会さんにオルグとして伺っておりますが、青物横丁駅から旧街道に向かって下りていくと、その十字路の角のコンビニの2階に分会所属の事業所があります◆6年前に訪問した際、まだ若かった社長さんもすっかり立派になられ、19時を過ぎているのに、従業員さんも数名事務所で、明日の段取りをしていました。「住宅デー」や「健康診断」などのお誘いをした帰りしな、50年前私が下の高校に通っていたころ、1階はパン・お菓子・今川焼などを商う「ミルクホール」でしたネ!と尋ねると、祖母が営んでいましたとの事◆当時、下校の際その今川焼を1個とか、歌舞伎揚げを1枚買っていると、帰宅する教師にたまたま出くわしそうになる事があります。そんな時、奥のミルクホールに退避して席に座っていると、数人いる白衣の女子従業員の姉さん格の人が、必ずお茶を出してくれました。私より2~3歳年上の女性たちだと思います。十年ひと昔といいますが、その5倍前の東京は、そんな世間でした。

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.