東京土建品川支部

東京土建品川支部

庶民増税をやめて消費税率引き下げを!!

労働者の実質賃金、減り続ける中

大企業の内部留保465兆円!!

税金経営対策部長 佐藤 博信

 11月14日、区内4カ所の駅頭で、「庶民増税反対」「消費税率引き下げ」を訴えるための宣伝活動を、58名の参加で開催しました。
 消費税10%への増税が先月行われました。政府は「軽減税率制度」「ポイント還元」などの対策を打ち出していますが、増収分を超える対策費を計上するなど、なりふり構わぬ姿勢を見せています。
 また、安倍首相は「全世代型の社会保障制度へ転換する」としました。しかしながら、増税で社会保障は充実してきたでしょうか?株価も大きく値上がりし、大企業の内部留保は465兆円とも言われていますが、その恩恵は家計には届いていません。
 今回の増税は、今までと状況が違います。労働者の実質賃金は減り続け、個人消費が低迷する中での増税です。軽減税率を導入しても家計の負担は年間5万円増えるとの試算も出ており、個人消費のさらなる冷え込みは確実です。消費税は「大衆課税」であり、低所得者の実質的な税負担が重くなる税金です。
 当日は、以上を訴え、こがらし1号の吹く中、チラシティッシュ3000枚を受け取っていただき、「消費税率の引き下げを求める請願」署名113筆が集まりました。参加された皆さん大変お疲れ様でした。

写真

STOP、増税(戸越銀座駅)

写真

こがらし1号が吹く中、円陣(大井町駅)

 

11・20

対都要請行動

現行水準を勝ち取ろう

社会保障対策部長 小林 紀久夫

 11月20日晴天の中、新宿中央公園「水の広場」に大勢の建設業の仲間が集まり、東京都への各要請、予算確保の行動を行いました。
 私は福祉保健局への向い、建設国保への現行水準予算確保に向けた交渉につきました。
 東京都からの回答では予算は確保、但しアスベスト患者を含むガン対策事業への財政支援は現状通りとの事でした。
 これから知事査定があるので、福祉保健局から要求し、終わりました。
 交渉中、仲間からの多くのハガキの一部を紹介、同席の仲間からの発言、アスベスト患者の方からの発言等があり、大きな後押しとなりました。
 組合員、家族の皆さん、ハガキ要請、健康診断受診や呼びかけに、ご協力頂きありがとうございました。今後も宜しくお願い申し上げます。
 なお、2月集団健康診断の日程は、2月2日、15日になります。こちらも、よろしくお願いします。

写真

笑顔の請願行動(東京都庁)

 

第37回品川区住宅まつり

住みよい品川、災害に強いまちづくり

職域対策部長 藤原 延行

 令和元年、10月27日に第37回品川区住宅まつりが、西大井広場公園で開催されました。品川区内の建設四組合が主催し、地元住民の住まいの要求に応え、信頼される建築活動を通し、地元経済の発展に貢献する事を、目的としています。
 今年度の統一テーマは、「住みよい品川、安全安心の住まいから災害に強いまちづくりへ」です。
 住宅まつりは、区民、地元建設業者、行政それぞれにメリットがあり、行政は来場者に区の助成事業の周知や相談に応じることで、区民サービスの一環となります。
 当日は好天に恵まれて、大勢の来場者でにぎわい、土建は、包丁とぎ・模擬店・丸太切り・釘打ち・かんな削りを担当し、今年と来年度は建前の実演も行います。
 マチケンメンバーが中心の倒壊家屋からの人命救助を行なう災害時救助シミュレーションは、南建さんがリーダーとなり、大いに盛り上がり、模擬店では、ちゃんこ鍋が新メニューへ加わりました。
 また、今年度より、テントから色とりどりのタープに変わりました。
 当日だけでなく前日の積み込み作業や、片付け等、組合員、主婦の会、書記局の方々大変お疲れ様でした。ありがとうございました。

写真

建前は東京土建が抜露

 

建前

豊分会 富彌 良則

 今、中野健太郎氏への中野警察署による不当な取り調べに対し、国家賠償請求訴訟を起こし裁判が争われております◆事の起こりは二月四日、緊急工事の対応を終え作業車内で休憩していたところ、中野警察署の警官から職務質問を受け、車内検査で工具であるガラスクラッシャー等が凶器とこじつけられ、翌朝六時頃まで拘留、差別的な罵声を受け指紋採取や身体検査を受けました◆中野氏は工事業者を狙い撃ちするかのような職務質問は、個人の問題に留まらず、一般市民の行動を不当に委縮させ、社会に与える影響が大きいと考え訴訟を起こしました。◆緊急対応というのは、その場で対応するわけですからあらゆる場面を想定し工具等も準備しなければなりません◆「工具が無いので出直して来ます」が言えない厳しさがあることを痛感しています◆私はこの一件は「職業差別による冤罪(無実の罪)」と考えています◆マスコミでも職業差別的な報道もされており、払拭しなければなりません。裁判に注目し応援していきましょう。

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.