東京土建品川支部

東京土建品川支部

組合員・家族の皆様へ

新型コロナウイルス 対策と周知

感染症を軽視することなく、自己・家族・仲間を第一に考えての行動をお願い致します

執行委員長 野村 和好

 初めに感染症自体を軽視する事なく、自己・家族・仲間を第一に考えての行動をお願い致します。
 新型コロナウイルス対策の一環として、3月のさまざまな会議が場所の変更や短時間での行動となりましたが、引き続き4月も月次の会議も同様の措置を取らざるを得ない状況になりました。
 4月の定期大会も今回、大会代議員の選出基準を変えての開催になり、時間も短縮して午後からのスタートとなりました。
 先日、第43回住宅デーの活動者会議が開かれ、新型コロナウイルス対策としてのいろいろな制約や注意点が多々ありますが、支部としては地域住民の期待に応えるためにも、今後の感染症拡大状況の推移を見守りながらも、開催に向けて行動をお願いする事になり、参加者の皆さんにも人事を尽くして頂くことになりました。これから6月開催まで、どのような天命が下りるのかを待つ次第であります。
 つづきまして、5月のメーデーと憲法集会に参加するか否かは、4月の支部執行委員会の結果次第でありますが、本部は各支部に委ねる意向であるため、品川支部としては高齢者の参加が多いため、執行部としては参加中止の方向に傾いております。
 2020東京オリ・パラの延期決定をしてから、多数の感染者数が発表される毎日ですが、今回はイレギュラーな組合活動となります。各組合員家族の皆さまのご理解ご協力をお願い致します。
 最後に、支部書記局に一名でも感染者が出た場合、支部会館の消毒、また2週間以上閉鎖を余儀無くされる事態になります。支部会館での対応をマスク着用となりますことのご理解を賜りたく思います。

 

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う中小企業従業員向け生活資金融資について

(拡大)

国も宣伝している緊急貸付制度です。
ご相談は品川区社会福祉協議会03-5718-7171まで

 

春一番拡大報告

1月現勢回復 13年振り

組織部長 関口 浩助

 はじめに、春一番拡大行動は、新型コロナウイルスによる感染防止のため、二日間の行動を中止しました。ところが、事業所から一定の加入があり、また、脱退者も昨年は23名でしたが今年は6名と大きく減少し、ここ数年にはないことです。
 結果、一月現勢比6名増で支部大会を迎えることになり、07年以来、13年振りの事であります。
 支部全体では44名と、目標の53名には届きませんでしたが、3年ぶりの年間拡大実増達成に向けて、順調な滑り出しとなりました。
 内訳については、品川分会の事業所で17名の大量採用による加入成果があり、大井分会と中延分会がそれぞれ4名の成果をあげ、3分会が春一番拡大目標を達成することができたことが、大きな要因です。厳しい状況が続きますが、新型コロナウイル感染拡大を止めて、春の拡大は仲間を増やしましょう。

 

建前

中延分会 村山 浩幸

 今日も昨日と同じ一日。特にこれといった趣味もなく、晩酌が楽しみな毎日◆縁あって、土建と消防団の二つの活動を始めて30年弱。ありがたくも、慌ただしい毎日を送っている◆時々、故郷の同級生と近況を語り合い、夏を過ぎればお祭りの神輿を担いで過ぎて行く◆小さい争いは日常茶飯事だが、それもこれも健康で元気な証。年齢を重ねるとこういう単調なことがありがたいのだと実感する◆土建と消防団の活動が重なる時期が続くと、目も回るような毎日で、くたくたになることも多い◆腹の立つこと、悔しいことも多いが、やっていて良かったと思う。そこには仲間がいるから。人と出会い、交流の輪が広がり、何かあれば「大丈夫ですか?」と気にかけてくれる仲間と、変わらない毎日を過ごせるのは、本当にありがたい◆『日々是好日』。正しい解釈は違うかもしれないが、自分はこの字のまま受け止め、素晴らしき毎日をこれからも過ごしていきたい。仲間と共に。

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.