東京土建品川支部

東京土建品川支部

『就業実態調査(業種・働き方確認)』に対するご協力のお願い

 東京土建国保組合では、厚生労働省の指導により、定期的に組合員資格の調査・確認を行っております。本年度(2020年度)は、「(1)外注としての手間請け」・「(2)日当として働いているが事業所は一定しない」の区分でご加入されている方、約400名の方が対象となります。
 確認書類として、「令和1年分の所得税の確定申告書Bの控え(収受印のあるもの、電子申告の場合は受付日時・番号が記載されているもの)第1表・第2表のコピー」が必要となります。
 対象の方には、4月上旬、郵送物が届きますので、同封の「就業実態申告書」にご記入・ご捺印いただき、確認書類と合わせて、同封の返信用封筒にて5月末までに、組合事務所までご返送下さるようお願い致します。
 この調査は、東京土建国保組合員資格適正化のための取り組みです。未提出の場合は、翌年度の保険証の交付に関わりますので、ご不明点がございましたら必ず組合事務所までお問い合わせください。

 

提出していただくもの

(1)令和1年分の所得税の確定申告書Bの控え(収受印のあるもの、電子申告の場合は受付日時・番号が記載されているもの)の「第1表・第2表」のコピー
※金額の部分は塗りつぶしていただいて構いません。
※確定申告をされていない方は、組合事務所までご相談下さい。
(2)同封の「就業実態(保険料区分・事業所・業種)申告書」
※東京都外にお住まいの方は、都内にある建設業の事務所で証明をもらって下さい。

 

 

いっぷく

健康麻雀

豊越分会 木下 竜一

 「頭を使う」「手先を使う」「人と会話をする」、この3つの機会が多い人は認知症になりにくいと言われています。
 麻雀はその3要素を満たしています。脳科学者の方が麻雀をしている高齢者の脳年齢を調査した結果、実年齢より3歳若かったということが分かりました。
 今年で90歳になる祖父も週に数回ですが、パソコンで麻雀をやっています。そのおかげかどうか定かではありませんが、認知症にならず、今日も元気に仕事をしています。
 祖父の遺伝なのか、私と妹は麻雀が好きです。妹は昔、雀荘でアルバイトもするくらい麻雀が好きでした。
 そんな妹と麻雀の話になりました。妹に「全自動麻雀卓を一緒に買わない?」と言われ、私は二つ返事で「いいよ」とすぐに承知をしました。その日のうちにインターネットにて調べ、中古ですがとても美品の全自動麻雀卓を購入することができました。
 これからイスやサイドテーブル等を揃えて今月中に麻雀ができる環境を整え、祖父と一緒に麻雀をやりたいと思っています。祖父の喜ぶ顔がとても楽しみです。
 どけん共済会にて行っている麻雀大会に、今年は妹と2人で参加ができたらなと思います。皆さんも麻雀で健康になりましょう。

写真

祖父の弘司さん(シニア旅行・右側)

写真

組合のポスターにも
出演してもらってます。
上段(右)竜一さん(中)恵さん(妹)

 

主婦の会 手芸教室 ブローチ作り

先生が魔法をかけて、素敵に

豊分会 臼田 時子

 二月二十日(木)、15名の参加で、恒例の手芸教室を開催しました。
 私は不器用で、毎年の手芸教室は苦手でしたが、今回は、センスとボンドがあれば出来る簡単なブローチ作りでした。
 最後に、先生が魔法をかけてくれて、かわいく素敵なブローチに仕上げてくれました。
 私にも出来るとうれしく楽しい手芸教室でした。
 (※先生は、江東支部主婦の会の鈴木伸江さんでした。)

写真

あらっ、かわいい!

 

ぶらり品川 その(158)

品川の公園 荏原南公園

小山分会 渡辺 博明

 荏原南公園は、毎年5月、小山分会が住宅デーで使用させていただいている所です。近くに小学校もあり、放課後や日曜日などは、子供たちの歓声があふれる活気のある公園です。
 荏原南公園の特徴は、公園の下に調整池があることです。調整池とは、大雨による浸水被害を防ぐために作られたもので、大雨の時、道路の下にある下水道幹線に集められた雨水などの水位が急上昇したときは、下水道幹線の横壁に設けた壁より、雨水の一部が入り、雨水を池に溜めるしくみになっているそうです。
 その大きさは、25mプールで50杯分も溜められる巨大なものだそうです。
 昨年の台風の時期、各地に河川の被害がありましたが、品川区では、大きな河川被害にあわなかったのも、この様なしくみが働いていたからだと思われます。

写真

遊具が新しく、大人気

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.