東京土建品川支部

東京土建品川支部

第56回主婦の会総会

~コロナ禍の中で工夫をしながら~

主婦の会も組合員の皆さんと一緒に 楽しく活動できるよう、早期の収束を願います

 3月25日(水)支部会館3階にて、第56回主婦の会総会が開催されました。
 例年であれば、中小企業センターにて50人以上の出席で賑やかに行っていましたが、今年はコロナウイルスの影響により規模を縮小して、参加者も28人での開催となりました。
 全員マスクをして、席の間隔もあけ換気のために窓を開け、万全な態勢での開催でした。
 昨年度の総括と会計報告、今年度の活動方針と予算の採択、新役員の採択承認等を粛々と進めました。
 最後に、長年にわたり主婦の会に貢献していただいた豊越分会の松永静枝さんが組合を辞められるということで、挨拶に来てくださいました。
 今年の総会はコロナウイルスに振り回され、今年度の活動もしばらくの間は自粛が続くと思われます。主婦の会だけでなく、組合員の皆さんと一緒に楽しく活動できるよう、早く収束してもらいたいと思います。

写真

さつき会(主婦の会)の総会

 

4月より義務化

 

いっぷく

人生 ~あの時の経験が今となって~

品川分会 小野塚 龍太郎

 43歳の夏までは、何社か会社は移りましたが、中小企業のサラリーマンでした。今から思えば毎日時間を消化する生活だった気がします。常に、「俺はこれでいいのか?」と考える日々。
 そんなある日、ふとしたことで大手企業に勤める女房の年収を知りました。私をはるかに上回っていました。残業で毎日遅くまで働き、家事もこなして、子供たちの面倒も見て、仕事の愚痴は彼女からは聞いてことがありませんでした。
 それに比べて自分といえば、仕事以外はやれサーフィンだ!やれ釣りだ!と遊ぶことしか考えておらず、口から出るのは仕事の愚痴ばかり。今思えば人生で一番落ち込んだ時でした。
 それがきっかけで、今からでも人生が変えられないかと思った時、たまたま誘っていただいたのが、造園屋になるきっかけでした。
 初めて経験する職人の世界。ビックリしました。今までいた社会では通用しない常識が当たり前の社会。慣れるまで、少々お時間がかかりました。 お世話になっていた親方のところにお手伝いに来ていた職人さんの中には、私の事を面白く思わない人もいて、だいぶ嫌がらせもされました。
 でも、あの頃なぜか、嫌がらせされると落ち込むどころか、俄然やる気が出てきて、今に見てろよ!みたいな気持ちにさせてもらいました。
 あの時の経験が今になって、新しくこの社会に入ってくる人に対しては、すごく応援してあげたい気持ちになります。

 

 

ぶらり品川 その(159)

品川のお店 そば処「しなの」(八潮団地)

南品川分会 櫻井 守

 八潮団地のほぼ中心にパトリアと言う商業施設が有り、大型店と小さなお店が数店入っています。一階にはテーブルと椅子が置いてあり、誰でも利用出来るエリアがあります。八潮で拡大行動の時には、センターとして利用させて頂き活動しています。
 その日の行動が終わると仲間と一緒にエリアに面した「そば処しなの」と言う和食屋に入り、「ごぼうのから揚げ・おしんこ」をつまみに、一杯飲んで解散するのが大体のパターンです。金額も安く、皆さん楽しそうに飲んでいる顔を見て、良く気の合う仲間だと感心してしまいます。
 春の拡大は、新型コロナウイルスで中止となりましたが、収束して拡大行動が出来る様になったら、ぜひとも店に皆んなでおじゃましたいと思っています。それまで、お店の方にも頑張っていてもらわないとと、心から思っています。
 私はいつも「クルナ(来るな)ウイルス」と願い、細心の注意を払い仕事や買い物をしています。仲間の皆さんもくれぐれも気を付けて頑張って頑張って下さい。

写真

コロナに負けないで~
また皆んなで行くから

 

求人募集

現場監督(2名)正社員
 経験者・普通免許
(株)晃栄ホーム(西品川分会)
☎03(5709)7856

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.