東京土建品川支部

東京土建品川支部

新入学のお祝い

その他の給付も 申請はお忘れなく

 組合員の皆さんが加入している『組合総合共済』。
 中でも人気があるのが、組合員の子どもさんの入学時に、お祝いの図書カード(5000円相当)が贈られる「新入学祝金制度」です。現在、34名の方が申請しておりますが、多くの方が未申請となっております。お早めに、支部事務所への申請をお願いいたします。給付一覧表もご参考に。

 

申請書類
(1)慶弔金支給申請書
(2)親子関係と年齢の確認できる書類
(続柄記載の住民票や戸籍謄本などのコピー、あるいは、保険証のコピー)

 

対象の生まれの方は

〔小学校〕…2013年(平成25年)4月2日~2014年(平成26年)4月1日生まれ
〔中学校〕…2007年(平成19年)4月2日~2008年(平成20年)4月1日生まれ

 

いっぷく

料理~日本のだし~

大井分会 小林 勇

 私は下手の横好きで料理も趣味のひとつです。最近はコロナ禍の影響で自由な時間ができ、料理する機会も増えました。
 和食・洋食・中華、なんでも作りたがります。今、はまっているのは「だし」です。
 日本のだしも、西洋のブイヨンも、中国の湯(たん)もグルタミン酸とイノシン酸の相乗効果で、それぞれのおいしさを出しています。
 なかでも日本のだしは今や「うま味」として世界で注目されています。
 また、西洋のブイヨンも中国の湯(たん)も肉や骨、野菜などを長時間グツグツ煮込んで作るのに対し、日本のだしはお湯の中に昆布とかつお節を入れるだけで簡単に、しかも短時間でおいしいだしが取れます。他に煮干しや乾(ほし)しいたけなど、料理に応じて組合せています。
 今残念なことに、インスタントのだしやブイヨンを使う人が多くなっていますが、天然素材のだしを使うと奥深い味わいがあり、一段と料理のおいしさを引き立ててくれます。
 かつお節をけずり器でけずりながら、ちょっとつまみ食いをして、うん本物はうまい!

写真

日本のだしは最高

写真

あじもキレイです

 

 

ぶらり品川 その(161)

品川の施設

日本ペイント明治記念館

五反田分会 岩﨑 一宇美

 南品川4丁目に明治42年(1909年)に建てられた赤レンガの建物があります。区内で現存する最古の洋式建築物で、日本ペイントの会社の敷地に保存されています。
 会社の創業百年の昭和56年(1981年)に「日本ペイント明治記念館」と銘打って資料館として一般に公開されるようになりました。
 明治時代の日本の近代化を支えた塗料産業の歩みを当時の機械と文書類で展示をしています。
 明治期は建造物、船舶、軍艦、橋梁等の塗装に使う塗料は西洋からの輸入品でした。
 日本の季節、湿度等の厳しい環境に耐える塗料を国産でとの先人の努力がこの記念館に詰まっています。品川区の重要文化財となっています。
【電話予約】
☎(3740)1110

写真

特約店のはじまり

写真

見学は無料ですが、
事前の予約が必要です

写真

日本最古の油・ワニス工場でした

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.