東京土建品川支部

東京土建品川支部

義務化から1年

どけん自転車保険に加入しよう!!

限度額〈家族型〉1億→2億へ

 どけん自転車保険は、「損保ジャパン」を引受会社に東京土建のために作った自転車保険であります。加入件数は、1万件を突破し、賠償責任支払限度額を1億円から2億円にするなど、優位性を拡大し、組合員のための制度となっています。東京都も昨年4月に自転車保険の加入義務化を実施しています。加入を希望する方は組合事務所03-3783-0471まで。

 

いっぷく

今日の元気は

豊越分会 阿部 タミ子

 自分で動ける体作りは、必要にせまられて始めた。
 歩くこと動けること、私の場合、ひざがいたいので薬が季節に依って必要になります。
 歩く必要にせまられて、散歩から始めました。歩く目標は、8000歩前後を目安にしています。
 無理せず出来る様になると欲が出て、1万歩を超える日もあります。
 昨年の秋から、朝のラジオ体操に参加させて頂いています。終わった後は、軽くなり動けます。
 冬の寒い日は厚着をすれば良いのですが、夏は弱く、汗かきなので、バテないように参加するしかないようです。
 ラジオ体操には、90歳前後の方も、沢山集まってきて参加しています。
 暖かい時は6時10分から、寒い日は6時30分からです。時間になるとどこからともなく集まって来ますよ!(場所は戸越公園内)

 

第57回主婦の会総会

コロナ禍でも、できることを

主婦の会会長 津田 順子

 3月20日(土)午前10時から、中小企業センター大会議室にて、第57回主婦の会(さつきの会)総会を開催しました。
 昨年同様、規模を縮小し、出席者は全体で28名で会議時間も1時間程で終了。密にならないように十分気をつけ、報告や発言時はもちろん、記念撮影時もマスク着用を徹底しました。
 残念ながら昨年度は、コロナ禍のためほとんどの活動が出来ず、活動報告の内容も中止中止のオンパレードです。
 新年度もコロナ禍という状態は変わらないですが、出来ること出来ないことを考え話し合い、少しでも会員の皆さんと安全に活動していけるようにしていきたいと思います。
 最後に、長年主婦の会のためにご尽力いただき、今年度を持って分会役員を退任された豊分会の村田アヤ子さん、ありがとうございました。

写真

新年度役員の皆さん

 

第18回シニア品川総会

皆さんと一緒に頑張っていきます

シニア品川会長 吉田 吉末

 3月21日、雨風の強い中、第18回シニア品川総会を中小企業センターにおいて、コロナ禍で参加人員を縮小し、32名の参加で開催しました。
 初めに、この一年で3名のシニアの会員の方がお亡くなりになり、故人のご冥福をお祈りし、黙祷を捧げました。
 今回の講義は、小島担当書記にお願いし、「高齢者の悩み」として、認知症・介護・お金・体力の低下・スマホなどについて、高齢者が知っておいてお得な話を分かりやすく説明いただきました。
 休憩後は、山口副会長より活動報告・方針案の提案があり、小島書記よりより会計報告・資料説明がありました。
 最後に、新役員が選出され、新会長に吉田吉末、副会長に上脇康雄さん、重盛富子さん、高柳訓雄さん、山口徹さん、事務局長に吉岡秀一さんが選出されました。
 新役員の皆様と今年一年、品川支部・シニア品川が共に頑張って行きますので、よろしく応援をお願いします。

写真

人数制限の中の開催

 

ぶらり品川 その(170)

品川の施設

小山八幡神社

小山分会 渡辺 博明

 小山八幡神社は、荏原7丁目の小高い丘の上にあります。交番の横の小道の坂を登り、40段ほどの石段の上に鳥居があり、その奥に本殿が置かれています。この土地は、神社の建つ前は古墳であったといわれています。
 また、この小高い丘が、西小山・武蔵小山の小山とよばれる地名の由来であるそうで、境内からの眺望は、なかなかのもので、「しながわ百景」に選出されています。みなさん一度見に来てはいかがでしょうか。
 わたしは、小さい頃は、秋の祭りを楽しみに、今では、小山地区の地鎮祭で、お世話になっております。
 小山八幡神社の創建年代は、はっきりとはしませんが、長元三年(1030年)源頼信が当地に誉田別尊(八幡神)を氏神として祀ったのが始まりといわれており、源頼信は、平安時代の中期の武将で、藤原道長に仕えた道長四天王のひとり、武勇に優れた人物だったそうで、鎌倉幕府を開いた源頼朝の祖先にあたる人物です。
 源頼義・義家(八幡太郎)親子による創建の神社は多いと言われるそうですが、その祖である頼信の伝承が残る神社は比較的に珍しいとのことで、古さを感じさせます。
 また、旗の台の地名の由来なっている。旗岡八幡神社も、源頼信の創建と伝わっております。

写真

源頼信(968~1048)

写真

40段の石段を登ります

写真

本殿です

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.