東京土建品川支部

東京土建品川支部

第64回定期大会開催

コロナ禍、皆さまのご協力ご理解のもと、頑張っていきます

 4月17日(土)、「きゅりあん」にて、第64回定期大会を、参加代議員73名、来賓26名(過去最高)を迎え開催しました。
 今大会は、コロナ禍のため、席配置の変更、表彰式などの簡略化、参加規模・時間の縮小など、出来る限りのコロナ対策を行い、何とか開催にこぎつけました。

 

執行委員長 野村 和好

 それでは、新役員を代表いたしまして、ご挨拶申し上げます。
 新型コロナウイルス禍の下、多くの組合員の皆様に参加して頂き、本日以降多くのご意見や叱咤激励を頂戴する事と思います。その内容を精査いたしまして、役立てる事をお約束いたします。
 私も品川支部代表10期目となりました。これが最後の新役員挨拶となり、来年のこの日は、同期の関口浩助くんと一緒に、旧役員挨拶となります。
 最後のこの1年、微力ではご在ますが、体力の続く限り思う存分やらせていただきます。
 直近の最も深刻な問題であります「組合費・国保料」の引き落しの件を早急に現実のものとするため、力を注ぎたいと思います。

組合費・国保料の引き落としを早急に現実のものに

 それまでには、委託会社の選択や金融機関との手続きなど、煩雑な作業が有り、1~2月後という訳にはまいりません。
 是非その間、皆様にはこれが現実になった際、毎月17日、どのようにして「人寄せ」できるかを、お考え下されば幸いです。
 この大会をもちまして退任される多くの組合員の皆さま、長い間ありがとうございました。これからも、それぞれの立場・分野でのご活躍をお祈りいたします。
 また、本日から新たに支部役員になられた方々へ、初めは慣れない事なので、私たち古参の役員が一致協力してお支えしますので、お付き合いの程、宜しくお願い致します。そして、新しい風をこの品川支部に吹き込んで頂きたいと思います。

皆さんのお力が必要であります

 4月24日(土)、このきゅりあん・イベントホールで開催されます「新役員学習会」が事実上の仕事始めとなります。また、春の拡大月間の真のスタートとなります。2021年度拡大運動を好スタートするには、本日お集まりの代議員の方々のお力が必要であります。どうかこの1年間宜しくお願い致します。
 また長年、群・分会同様に、支部に於いても、役員候補は多くいらっしゃるのですが、それを引き受けて下さる方がおらず、私が代表としている執行部へのご批判もいただいております。
 今回退任される5名の分会長の方にも打診したのでありますが、心地好いお返事は頂けなく、残念至極でありました。これも偏に執行部の力不足と承知する次第であります。
 「3人寄れば文殊の知恵」と申します。3人以上いる新たな役員の力を合わせて、文殊菩薩のお知恵を拝借したい思いであります。
 どうか、組合員の皆様のご協力ご理解を宜しくお願い致します。

写真

きゅりあんイベントホールにて、
(サイレント)ガンバロウ!

 

定期大会の来賓 出席者一覧

   団 体 名     出 席 者
東京土建本部      丸山本部副執行委員長・中宿本部書記次長・鈴木書記
東京土建大田支部    井澤執行委員長
東京土建港支部     出井執行委員長
東京土建世田谷支部   佐久間副執行委員長
東京都建設組合     月居組合長
東京南部建設技能組合  平田執行委員長
首都圏建設産業ユニオン城南支部 水沼執行委員長
品川区         中村都市環境部長・竹田住宅課長
衆議院議員       石原 宏高
衆議院議員       伊藤秘書(松原仁代理)
公明党 都議会議員   伊藤 興一
共産党 都議会議員   白石 民男
東京みらい 都議会議員 森澤 恭子
品川区議会自民党    石田 秀男幹事長・鈴木 真澄政調会長
自民・無所属・子ども未来 高橋 伸明副幹事長
品川区議会公明党    塚本 よしひろ議員
日本共産党品川区議団  のだて 稔史議員
品川改革連合      筒井ようすけ政調会長
立憲・無所属しながわ  あべ祐美子幹事長
無所属         西本 貴子区議会議員
品川地区労働組合協議会 柴山 正人事務局長
中央労働金庫 大井支店 門脇 由美支店長

 

二〇二一年度 支部執行委員

執行委員長

 野村 和好

 

副執行委員長

 松井 広仲
 関口 浩助 
 佐藤 博信 
 津田 光久 

 

書記長

 小林紀久夫

 

書記次長

 五日市浩志 
 小島  毅 
 新関  仁 

 

常任執行委員

 藤原 延行 
 佐布 繁男 
 小林  勇 

 

会計監査

 下迫田アヤ子
 澁谷 俊一 
 宮地 政幸 

 

執行委員(分会長)
 西品川分会 坂本 建次 
 後 地分会 博多屋 学 
 豊 越分会 河崎 弘樹 
 品 川分会 鈴木 康司 
 大 井分会 大橋さと子 
 五反田分会 大西  拡 
 小 山分会 石塚 良美 
 南品川分会 櫻井  守 
 豊 分会 富彌 良則 
 中 延分会 小林 豊樹 
 二 葉分会 中山 勝利 
 旗 中分会 竪元 秀幸 
 八丈島分会 佐々木康行 

 

青年部
 部 長 赤池  隆 
 副部長 古屋 政俊 
 書記長 泰楽 隆次 

 

主婦の会
 会 長 津田 順子 
 副会長

 伊藤 麻衣 
 大面ひとみ 
 村越 千秋 
 事務局長 畠山 郁子 

 

シニア品川
 会 長 吉田 吉末

 

建前

西品川分会 石谷 教治

 環境問題対策でソーラー発電や、風力発電がありますが、電気自動車に利用が期待されている空気電池は燃料電池の一種でプラス極の活物質を用いる電池です。金属空気電池とも呼ばれています◆プラス極の活物質が空気中の酸素であることから、活物質を充填する必要がなく、マイナス極活物質である金属を電池内に大量に補充しておくことが出来るというのが特徴です◆空気中の酸素をプラス極の活物質として使用するため、充填する必要はありません。そのため同容量の他電池と比較し、小型で軽量というメリットがあります◆また、マイナス極の活物質は亜鉛やアルミニウムなど埋蔵量の多い物質なので、コストや環境負荷の面でもメリットがあると言われています◆また、二酸化炭素排出量のない電気自動車の動力源としての期待も集めています◆動力源として使われているのはリチウム蓄電池(2次電池)ですが、リチウムイオン2次電池の容量には理論上限界があり、その水準はすでに上限に近い状態です◆そこでより容量を持つことが出来る空気電池が、今後の電気自動車の動力源になるのではないかと言われています。

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.