東京土建品川支部

東京土建品川支部

仲間からの情報を頼りに44名を拡大

1月現勢回復にあと7名にせまる

秋の拡大月間報告

組織部長 関口 浩助

 8月26日に開催された支部活動者会議から始まった、2ヶ月以上に渡る「秋の拡大月間行動」にご協力いただき、誠にありがとうございました。そして、大変お疲れ様でした。
 残念ながら、月間目標である75名には届きませんでしたが、西品川・旗中分会が、仲間の情報を頼りに月間目標を達成するなど、困難な中でも全体で44名の新しい仲間を迎えることができました。
 今年の秋の拡大月間も、昨年からの新型コロナウイルスの影響を受け、春の拡大月間よりは、いくらか行動もできるようになりましたが、今一つ以前のようには行かない難しい面もありました。
 順調に拡大成果を伸ばした分会もある一方、苦戦を強いられた分会もありました。どの分会も、健康診断の呼びかけなど、目的を持った訪問行動や電話がけを最後までやり抜きました。
 今年も残すところ2ヶ月あまりとなりました。11月1日付組織人員は2109名と、1月現勢比7名減となってます。少しでも1月現勢に近づける事ができるよう、引き続き、全分会において、「毎月各分会1名以上の拡大」の支部方針を基本に据え、今一度声かけをしていきましょう。

 

●達成分会のみなさん●

写真

西品川分会の皆さん

写真

旗中分会の皆さん

写真

拡大宣伝カーも再開(南品川分会)

 

 

インボイス学習会

インボイス制度

2023年10月にスタート

免税業者には死活問題となる大変な制度

学習制度化委員長 野村 和好

 学習制度化委員会主催の支部学習会を、10月27日(水)、午後7時より「きゅりあん」イベントホールに於いて、まさしくタイムリーな『インボイス制度の概要と建設業者の課題』と題して、万障繰り合わせて頂いた組合員・家族82名の参加で開催しました。
 お招きしました岡田俊明税理士の「マクラ」から始まる90分強の講演内容は、まさに万障繰り合わせての参加に値するものでした。
 私自身はすでに内容の半分以上は忘却の彼方ではありますが、参加者全員に配布した分かり易い資料がありますから、見直せば学習会終了時に戻ります。
 2023年10月1日から「インボイス制度」がスタートいたします。
 その際、大手タクシー会社(課税事業者)と個人タクシー(ほとんどが課税売上が1000万円以下の免税業者)を商用で利用した場合、大手タクシー会社の領収書にはインボイス発行事業者ですから、付与された「登録番号」が記載されていますので消費税仕入税額控除は対象になります。
 しかし、個人タクシーは当の番号を.取得しない限りは付与されませんので、無記載で控除の対象にならない事になり、免税業者から課税業者になる事を強いられます。
 この個人タクシーを免税事業者の一人親方と考えると、タクシーなら10分の料金、建設業の一人親方は数週間の作業での報酬になるので比べものにならない金額が、上記の税額控除として認められないので、上位会社からの仕事の依頼が無くなるという事になります。
 以上大まかしか紙面上で説明できませんが、この他に「帳簿」は勿論「請求書等」の両方の保存が7年間必要となります。
 この「請求書等」とは、領収書・見積書・契約書・納品書等々、仕入先が作成する全ての登録番号が記載された書類をいいます。いろいろ煩雑な作業が増える事になります。
 インボイス制度が始まるまでに2年弱ありますので、希望があれば再びこの内容で学習会を開催する事も可能です。ご一報を頂ければ幸いです。

写真

 

写真

岡田俊明税理士

 

参加者の声

佐川将之さん(中延)

 インボイスについて、聞いてみて理解ができました。今、ゼネコンとの取引で電子請求書が始まっており、今後、法人番号を求められたり、インボイスの番号を求められたりする機会が多くなるのでは。

宮地政幸さん(旗中)

 ちょっと難しい学習会でしたが、インボイス制度が、私たち建設業者にとっても、色々な場面で影響が出ることが分かりました。届け出期間まで、さらに勉強して、登録番号をもらうかどうか決めていきたいと思います。

 

建前

南品川分会 櫻井 守

 「優先席」少し混んでいる時のバスと電車の優先席使用に違いを感じます◆電車では、若い人が優先席に座り、高齢者が前に立っても席を譲ろうとしない人をよく見受けられます◆バスの場合、優先席が空席でも、まず若い人で座る方はいません。バスの場合、顔見知りや近所住民が多く乗られるので、目を意識してかなと思われます◆また、高齢の女性に多くみられるのは、優先席が空いているにも関わらず、後部座席に空きを見つけると、おぼつかない足取りで席に向かいます。これは、若いという女心なのか?運転手は座席に着くまでバスが出発できずにいます。運転手は、こういう時、どんな気持ちでいるのか一度聞いてみたいです。

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.