東京土建品川支部

東京土建品川支部

安心して生活と仕事ができるよう

健診を受けよう

健診は、自分自身の健康と生活を守り、しいては土建国保を守る行動であります

社会保障対策部長 小林 紀久夫

 日頃より、組合活動にご理解とご協力いただきありがとうございます。
 早いもので、12月に入り年末年始を迎えました。
 先月までは、私たちの土建国保(建設国保)の安定運営のため、財務省へ直接、私たち一人ひとりの声を届けるハガキ要請行動を行いました。改めて、組合員・ご家族の皆様のご協力ありがとうございました。
 そして、今回呼びかけさせていただくのは、年間を通じて、とても大切な皆様の健康を守る取り組み、「健康診断受診の呼びかけ」です。
 平素、病院にかかっていない方はもちろん、かかっている方も、保険証についている受診券(年1回分)を使い、提携医療機関(「国保てびき」に掲載、失くされた方は支部へ!)にて受診してください。
 これは大切な、自身の健康と生活を守り、しいては土建国保(建設国保)を守る行動と思います。そして、毎年受診されている方も、お願い申し上げます。
 支部では、只今、土日の集団健診の受付も行っています。今後の日程は左記の通りです。
 ぜひ、安心して生活と仕事ができるよう、健診を受けて下さるようお願い申し上げます。
(※「ライン@」・「群会議の話題」等に記載が有ります)

 

写真

7月の健診の様子(進興クリニック・支部会館)

写真

 

いっぷく

我が家のペット

中延分会 上野山 和男

 玄関(シャッター)を開けると、書類棚の上にガラス(いや強化プラスティック)の水槽があり、メダカが何匹か泳いでいる。
 イスに座ってながめていると、同じ方向に3~4匹が並んで泳いでいるかと思えば、別のが水面の上にいったり、逆方向にいくものもあり、水族館の魚のように整然と並んで泳ぐのではないみたいで、見ていても飽きない。
 小さな体にぽってりとした腹、シッポの方は透き通った体で、向こうが見えそうだ。
 まんまるの目がポツンとし、黒い目玉が印象的だ。
 エサをやっていない時はゆったりと動いている。いつもこんなに観察しているわけではないが、これは我が家の唯一のペットです。

 

写真

見ていても飽きないです

写真

子供が産まれると嬉しいです

 

ぶらり品川 その(178)

品川周辺の施設

国立科学博物館付属自然教育園

二葉分会 村越 千秋

 品川区内ではないのですが、目黒駅と白金台駅の間に位置する『国立科学博物館附属自然教育園』をご紹介します。
 昨秋、コロナ感染者数が落ち着いた頃、自然に触れたくて訪れた場所です。首都高速2号線を通る度、気になっていた場所でもありました。
 こちらの施設は、プラチナ通りのおしゃれな街並みからちょっと外れた所に入口があります。周辺は『シロガネーゼ』で有名な高級住宅街。しかし、一歩園内に入ってみると自分が都心にいることを忘れてしまうほど別世界でした。
 園内には沼や池もあって、水鳥を見ることができます。人がいない場所でマスクを外して深呼吸をしてみると、気分がスッキリしました。
 あえて自然のままにしてある雑木林。ふと、実家の周りにあった景色を思い出しました。今では、実家の周りの雑木林は住宅地に変わり、すぐそばに高速道路が走っています。なかなか帰省できない時期に、思いがけず、子供の頃を思い出す景色に出会えました。

写真

沼や池もあり自然のままの雑木林

写真

 

 

LINK ▼

▲ PAGE TOP

▲ HOME

© 東京土建品川支部 All Rights Reserved.